沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

講演会

第8回防災・環境シンポジウム
最新の防災研究 琉大で披露

1522js_livingnews03

 防災や環境保全に関する研究成果を披露する「第8回防災・環境シンポジウム(琉球大学島嶼(とうしょ)防災研究センター主催、(一社)県測量建設コンサルタンツ協会共催)」が2月17日、琉球大学で行われた。
 第1部では、昨年ノーベル物理学賞を受賞した名古屋大学大学院の天野浩教授が講演した。
 第2部では県内の研究者7人が発表。青色LEDを使った防災光通信システムの構築や地域と連携した感染症対策、台風や地震をいち早く察知し避難につなぐ研究など、ハード、ソフト両面から最新の研究成果を報告した=写真。


写真をクリックすると拡大して見ることができます。
週刊タイムス住宅新聞1522号(2015年3月6日に掲載されました)

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive