沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

情 報

かりゆし、大京穴吹不動産が業務提携

「空き物件活用し観光振興」

調印書を見せる當山社長(右)と海瀬社長
調印書を見せる當山社長(右)と海瀬社長

 県内ホテル大手の(株)かりゆし(那覇市、當山智士社長)と、マンション供給大手の㈱大京穴吹不動産(東京、海瀬和彦社長)は4月21日、県内のマンションなどの空き室を活用し、長期滞在や地域に密着した観光の振興に向け、業務提携を結んだ。
 かりゆしは現在、空き物件を活用したコンドミニアム事業を展開。當山社長は「沖縄県の観光振興のために貢献したい」と抱負を述べた。
 大京も、セカンドハウスのオーナーが利用しない期間に観光客に貸し出すバケーションレンタル事業を展開。海瀬社長は「地域活性化につなげたい」と意気込んだ。


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1530号(2015年5月1日)より再掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive