沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

情 報
住宅相談・紛争処理状況 2014年度

「建物の不具合や契約」が7割

 住宅リフォーム・紛争処理支援センターはこのほど、消費者から寄せられた住宅相談、紛争処理について、2014年度時点の状況を公表した。
 消費者からの電話相談件数は、2万6136件(前年度比8%増、以下同じ)。そのうち、「新築等住宅に関する相談」が1万6831件(同11%増)、「リフォームに関する相談」が9305件(同3%増)。相談の内容は、住宅の不具合や契約に関する「住宅のトラブルに関する相談」が全体の約7割を占めた。リフォームの見積書に関する相談は808件。工事単価や合計金額についての相談が全体の約9割。
 弁護士・建築士による対面相談件数は1806件(同37%増)。住宅紛争処理の受付件数は164件(同30%増)。


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1539号(2015年7月3日)より再掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive