沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

講習会
9月4日「既存住宅アドバイザー」
住宅診断の知識を習得

 不動産の仲介業者を対象とした、「既存住宅アドバイザー」講習会が9月4日(金)、浦添市産業振興センター・結の街3階中研修室で開かれる。既存住宅インスペクター教育研究会が実施。
 講習会では、既存住宅瑕疵担保責任保険や、フラット35の利用時に必要な適合基準、耐震基準適合証明書を解説する。住宅の工法や構造の判断方法など、今後義務化される見通しのインスペクション(住宅診断)に必要な知識が身につけられる内容となっている。
 受講者には登録証が発行され、ウェブ上の調査ツールを使って顧客への報告書の作成が可能になる。
 時間は、午前9時20分から。参加費は1万2960円(税込)で、定員60人。
 問い合わせは、既存住宅インスペクター教育研究会(電話=03-3346-4327)。


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1547号(2015年8月28日)より再掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive