沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

情 報
名護市で空き店舗等活用創業支援事業
「空き家での新規創業にも補助金」

 名護市では、空き店舗および空き家を活用して、小売業、飲食業、サービス業などを新たに創業する際に必要な改装費用の一部を補助する事業を行っている。
 活用物件は、現時点で営業が行われていない店舗のほか、居住していない住宅で、別荘や賃貸営業用の集合住宅、社宅などではないものが条件。申請は、空き店舗などの所有者と賃貸借契約を結び、補助対象事業を始めようとする個人、または創業5年以内の中小企業小規模事業者で、週5日以上の営業など、市の掲げる要件を満たすものに限る。
 補助対象は、内外装や設備工事、サインや電気照明の設置に要する経費で、補助率は、対象経費の2分の1以内。1件あたり75万円を限度額とする。募集期間は10月16日(金)まで。
詳細は名護市HP(www.city.nago.okinawa.jp/9/8950.html)を参照。

<応募・問い合わせ>
名護市産業部商工観光課(電話=0980-53-1212、内線221、岸本)


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1553号(2015年10月9日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive