沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

講演会
日本建築学会沖縄支所
建築文化の継承でシンポジウム

 日本建築学会九州支部沖縄支所は11月7日(土)午後2時から、那覇市民会館中ホールで「戦後の沖縄近代建築の特色と建築文化の継承」と銘打ったシンポジウムを開く。入場は無料。
 シンポは2部構成。第1部では、那覇市民会館を事例に「戦後の沖縄近代建築の意義」のテーマでアアキ前田代表取締役の前田慎氏が講演。入江徹琉球大学准教授は「世界における建築物再生の可能性と連続する時間軸」をテーマに講演する。
 第2部は「建築文化の重層性と継承」をテーマに、小倉暢之琉球大学教授や金城優(有)門代表を交え、パネルディスカッションを行う。
 駐車場は、公共交通機関か、沖縄赤十字病院の有料駐車場。

<問い合わせは>
同学会沖縄支所文化事業計画担当(Eメール=kinjohrn@tec.u-ryukyu.ac.jp、金城)


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1556号(2015年10月30日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive