沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

トークセッションで楽しい話を披露した伊波京子さん(左)と玉井多喜子さん=那覇市・シネマパレット
トークセッションで楽しい話を披露した伊波京子さん(左)と玉井多喜子さん=那覇市・シネマパレット
会場入り口には伊波さんと玉井さんの作品も展示され、来場者を楽しませた
会場入り口には伊波さんと玉井さんの作品も展示され、来場者を楽しませた

イベント
映画「ヴェルサイユの宮廷庭師」トークセッション
沖縄に合った植物で庭づくりを

スターシアターズは11月22日、映画「ヴェルサイユの宮廷庭師」上映に合わせ、「サビーヌに観る“私”らしい庭造り」をテーマにしたトークセッションを開いた。
 ヴェルサイユ宮殿の庭園建設家に抜てきされた女性庭師の物語を、ケイト・ウィンスレット主演で描いた同映画。トークセッションには、ライフスタイルコーディネーターの伊波京子さん、フラワーデザイナーの玉井多喜子さんが登場した。泥にまみれながら、女性らしい感性で庭づくりに没頭する主人公に「共感した」という2人。玉井さんは、「私にとってガーデニングは癒やし。自然に育った草花に感じる光や風は、フラワーアレンジにも生かされています」と話した。
 沖縄での庭づくりについて伊波さんは、「環境に合った植物を使うことが大事。シルバー系や赤葉などのカラープランツを組み込むことで、沖縄の植物を使いながらも印象の違った庭をつくることができます」とアドバイス。「植物からのSOSに気付けるようになると、庭づくりはもっと楽しくなる」とも。映画は、シネマパレット(パレットくもじ9階)で12月11日(金)まで上映。

<問い合わせは>
シネマパレット
電話=098-869-4688


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1561号(2015年12月4日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive