沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

1562jsliving02a

講演会
県宅建業協会が家主セミナー
亀島氏「相続は分け方が重要」

(公社)県宅地建物取引業協会は11月28日、相続をテーマにした「家主セミナー」を浦添市産業振興センター結の街で開いた。家主や不動産会社ら、約40人が参加した。
 講師は幸せ相続計画コンサルタントの亀島淳一氏(写真)で、「揉める時期と原因発掘セミナー」と題して講演。相続の流れを追いながら、相続税の申告時に、税金は誰が負担するのかなどでもめやすいことを説明した。亀島氏は、もめないためには計画を立てるとともに「金額ではなく、分け方が重要。財産を渡す人が元気なときに、分け方の理由を伝えて」とアドバイスした。
 参加した女性は「相続のことは分かっていても、なかなか動けなかった。これをきっかけに動き出したい」と感想を話した。


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1562号(2015年12月11日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive