沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

情 報
ZEH-Okinawaが研修会
住宅供給者の研さん重要に

ZEH-Okinawaプロジェクト(伊藝直代表)は、沖縄版ゼロエネルギー住宅の研修会を1月21日、琉球大学で開いた。設計事務所やハウスメーカーの関係者ら36人が参加した。
 講師を務めたP.Vソーラーハウス協会の南野一也会長は、経済産業省が示したZEH普及のロードマップに絡み、「確実な普及のために、ZEH仕様で造れる供給者は伸ばし、できない供給者は淘汰しようとする意図が読み取れる」と持論を展開。ZEHの知識や技術習得の必要性を強調した。
 ZEHは1年間のエネルギー消費量と、太陽光発電システムなどで作られたエネルギー量が差し引きでおおむねゼロ、またはゼロ以下になる住宅。国は2020年までに住宅の標準仕様にすることを目指している。


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1569号(2016年1月29日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive