沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

情報
労働金庫が設立50周年キャンペーン
マンション専用ローンを発売

沖縄県労働金庫はこのほど、県内初となるマンションに特化した住宅ローン「マンション専用ローン」の取り扱いを始めた。

設立50周年キャンペーンの一環で、県内各地で増加するマンションの需要に合わせた商品。

特徴は、2.0%の上限金利が付いた変動金利タイプである点。金利の低いときには変動金利が適用され、今後、金利が上昇した場合でも2.0%を超えることがない。営業推進部の渡慶次琢也課長は「住宅ローンの返済は長く続くが、上限金利が完済時まで適用されるのでとても安心。返済計画も立てやすくなります」と話す。

自己居住用マンションが対象で、返済期間は3年以上40年以内。他金融機関からの借り換えも可能。取扱期間は2017年3月31日まで(申込受付日から2年以内に融資できるものに限る)。

<問い合わせ>
ローンプラザなは
電話:0120-232-100


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1577号(2016年3月25日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive