沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お知らせ

見学会
匠才庵が読谷村で完成見学会
工芸生かした住まいを提案

(株)建築設計同人「匠才庵」は3月12日、13日の両日、読谷村で住宅見学会を開いた。

公開されたのは、ギャラリーと茶室を併設した住居に加え、カフェ、賃貸住宅のある複合施設で、鉄筋コンクリート造3階建て。工芸を生かした空間の可能性をテーマに、計画が進められた。陶芸家である施主自身が制作した洗面器や照明器具をはじめ、木工作家による玄関ドア、壁面に埋め込まれたガラス作家の作品など、手仕事の技とぬくもりが打ち放しの空間に趣を添える。壁に陶芸に使う土を塗った「土の茶室」=写真=も見どころ。

仲村渠常広代表は、「工芸を取り込むことで、住まいはより表情豊かになる。空間とアートの融合が楽しめる建物です」と話した。

1577jsliving01


リビング通信
週刊タイムス住宅新聞1577号(2016年3月25日)より掲載

カテゴリーCategory

月別アーカイブArchive