沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

引っ越しマニュアル<部屋を探す②>

1-3.予算を決める

引っ越しマニュアル004 希望する物件を見つけたとしても、月々家賃を支払えなければそこで暮らし続けることはできない。まずは自分のお財布と相談しながら、予算の上限を把握することが大切だよ。一般的には「収入の3分の1以下が理想的」と言われているよ。家賃地獄に陥らないように、それ以外の出費も十分に考慮することが必要だよ。
sumaigogo005

□契約時にはいくらかかるの?

 賃貸借契約時には敷金や礼金から申込金、預かり金といった聞きなれない名目の支払いまでさまざまな項目でお金がかかる。一般的には家賃の5か月分程度が目安といわれているよ。まとまった額が一度に必要になるのでその内容についてはよく理解し、細かくチェックしておこう。万が一、解約となる場合はどうなるのかまできちんと確認を。
●申込金
契約を結ぶ前に「部屋を借りたい」という、意思表示のために支払うお金。契約時に家賃と相殺、もしくは返金される。支払いの際には「預り証」を発行してもらい、何のためのお金か、担当者は誰か、申込金は返金なのか、相殺なのか、返金の場合は返金方法など、これらの事項についてもかならず記入してもらうと何かあった場合には安心。「先に入居が決まった」「審査が通らなかった」など契約が成立しなかった場合には全額返金される。金額は家賃の1カ月分が目安。
●敷 金
入居者が大家さんに預けておく保証金の一種。解約時に返されるけど、家賃の滞納や入居者が付けた損傷や破損があれば、補修費用として差し引かれることがある。家賃の1~2カ月分の金額が一般的だよ。
●礼 金
賃貸借契約時に借主から貸主に支払われる金銭。退去しても返還されない。家賃の1カ月分といわれているが、最近では支払われないことも。
●仲介手数料
賃貸借契約時に、借主が宅建業者に支払う仲介報酬(家賃1カ月分が上限)。別途、消費税がかかるんだ。
●前家賃
入居可能日から次の家賃支払いまでの家賃を先払いするお金。家賃の1カ月分。
●火災保険料
火災によって生じた住宅への損害を補償する保険の加入金。賃貸借の契約と同時に加入を義務付けられるのがほとんど。金額は会社によって異なるが大体1万円前後だよ。
●家賃保証会社へ支払う保証料
万が一家賃を滞納した場合、借主の代わりに賃貸管理会社に家賃の建て替えをしてくれる会社への保証料。保証会社によって金額はことなる。
●預かり金
敷金や保証金などのように、契約終了から明け渡しまでの間、借主が貸主に預けておくお金のこと。借主に返還されるものもあるよ。

□毎月かかるお金って何があるの??

家賃のほかにもかかるお金があるので、トータルでの金額を頭に入れておこう。
●賃 料
月々の家賃。毎月、通常賃料と共益費(もしくは管理費)がかかることも念頭に入れて合計金額を把握しておくことが肝心だよ。
●共益費
共用部分の維持費や電気代など。マンションなど設備が充実している物件は高めに設定されている。あらかじめ家賃に組み込まれている場合も。
●その他
駐車場代やインターネット、BSなど設備の費用が別途でかかる場合もあるので金額は要確認。
●賃 料
月々の家賃のこと。家賃の通常賃料のほかに共益費(もしくは管理費)や駐車場代、また、その他の費用が発生する場合もあるので必ず確認しておくこと。
●共益費
同じ建物に住む人たちで共用する部分の維持費や電気代などのこと。


次回は、「部屋を探す②ネットを活用する」

月別アーカイブ

ライター