沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

根原典枝のかたづけ塾 -3-

根原典枝のかたづけ塾

理由と目的 しっかり確認

片付け開始! 事前の計画は入念に


 前回は皆さんに「こういう部屋にしたい!」と、決意を宣言して壁に張ることをお勧めしました。ではその決意を現実化していきましょう。いよいよ、片付けの手順に入っていきますよ。手順①「計画をたてる」です。挫折しないためにも作業にとりかかる前には事前の計画が必要です。その計画の立て方をレクチャーしますね。

範囲決め手、積み重ね

根原典枝のかたづけ塾イラスト
イラスト:東川平綱木

1373js_nehara002

スッキリ感見つけて

 片付け始める前に「なぜ片付けたいのか、どんな部屋にしたいのか」を確認しましょう。片付けの理由や目的がはっきりすると理想の部屋が分かってきます。あなたの目指したいお部屋のイメージに近い写真を壁に張ってもOK。具体的なゴールが見えているとモチベーションも維持しやすいです。
片付けのゴール、どのようなお部屋を目指すかは一人一人違います。 テキパキと捨てられる人なら物を減らしてスッキリした状態にすることは比較的簡単かもしれません。インテリア重視のスッキリとしたお部屋にすることもできるでしょう(図1)。ただ、捨てることに抵抗がある人にはその方法はあまり勧められません。以前、物を捨てることが苦手な女性がいました。彼女はスッキリした部屋を目指すためにいろいろ捨てました。しかし「物が無いことがストレスになって買い込んでしまい、前より物が増えてしまった」と、手放すことで、心が傷つきその反動が起こったことを聞きました。そうなることは絶対に避けてください。
荷物が多くても収納を工夫すればスッキリと見せることができます(図2)。物が多い、捨てられないとあきらめずに自分のスッキリ感を見つけ、それに合わせた片付けと収納方法を探しましょう。
そこで「何を、どう片付けていくのか」を知るための計画を立てましょう。ただ片付けるだけでは、一時的にはスッキリしますが、数日後には元通りになってしまう可能性も…。また、位置が移動したことで探し物が増えてしまうこともあります。
リバウンドしないためにも、片付けの順番を選ぶことが重要です。今、お部屋の何に困っているのか? 何が嫌か? どこにストレスを感じるか? などを探り、片付けの順番を決めていきましょう。この時、マインドマップ(囲み参照)を作るといいですよ。
さぁ片付けたい理由や場所がはっきりしたら早速片付け開始です!

<あなたのスッキリ感はどっち?>
1377js_nehara0031377js_nehara002
図1/イラスト左・図2/イラスト右

1373js_nehara002

モノの量は想像以上!

 片付けはまず小さい範囲から始めること。押し入れの中身をすべて出してしまうと後で取り返しのつかないことに…などの経験がある人は少なくないはず。想像以上の量が入っているので要注意!
「きょう1時間はこの棚、この引き出し、押し入れのこの部分だけ」と場所を決めればそこだけ出して片付けましょう。そうすれば少ない時間でもOKです。
怖いのは慣れない片付けを一気にして疲れてしまうと脳が「片付け=疲れる」とインプットされることです。そうなると片付けが嫌になってしまいます。慣れてきてから時間や場所を増やしていきましょう。
片付けは途中で挫折しないためにも下準備をしっかりすることが肝心なんです。
さぁ次回は手順②「分類」とまいりましょうか。


あなたはどこから片付ける?

 片付けの手順を決めるときに、片付けたい理由を図にした「マインドマップ」を作ってみよう。項目に合わせて自分自身を探っていくことで一番最初に片付けたい所、片付けたい物、部屋のどこにストレスかあるのかが分かり、優先順位がはっきりします。今回は押し入れの片付けでモデルケースを作ってみました。これを参考にあなたのマインドマップを作ってみましょう。

マインドマップの例
マインドマップの例

【マインドマップの手順】
①なぜ片付けたいか目的を考えましょう。
②通常の家事は前倒しに
③お部屋のどこがストレスですか?片付けたい理由を考えましょう。
④よく探すものや、服や本など片付けたい具体的な品物をあげます。
⑤それをしまっている場所を考えましょう。
⑥優先順位が分かったらそこから片付けます。ただし、思い出の品は最後にすること。夢中になると時間がとられてしまいますよ。


コラム:根原典枝(ねはら・のりえ)

合同会社「暮らしかたらぼ」代表。サポートマンマおきなわ主宰。
ライフスタイルに合わせた収納システムの提案や片付けの教室、家事のサポートなどで活躍中


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1377号2012年5月4日」に掲載しました

月別アーカイブ

ライター