沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

根原典枝のかたづけ塾 -4-

根原典枝のかたづけ塾

手放す選択 手順踏み納得

使う? 使わない? まず「分類」


 さて皆さん、どこから片付けを始めるか計画は立ちましたか? いよいよ本格的な片付けに入っていきますよ。今回、レクチャーするのは「分類と整理」です。片付けたい場所にはさまざまな物が詰まっています。その中から使う物、使わない物とを分類しましょう。分類のやり方やコツ、整理整頓について説明します。

根原典枝のかたづけ塾
イラスト:東川平綱木

重要なのは行動すること

1373js_nehara002

収納の中身を考える

 まず、使いやすい収納の条件は「何が、どこに、いくつあるのかが一目で分かり、使いたい物が簡単に出し入れできること」です。収納は使う物を次に使う時まで一時的に保管するための場所でもあるんです。
 そこで中に入っている物を大まかに3つに分けましょう。
 ①日常的に使う物。②年に数回使う物。③今は使わないけど近い未来には使う物。
 例えば次のお子さんを望んでいる家族ならベビー用品もそうですし、スーツケースや大型のかばんなども考えられます。今後使う可能性が高いものは今使わないからといって手放してしまうと、いざ必要になったときあらためて買いそろえるのが大変ですよね。家族で話し合いながら必要なものを選んで、「次、使う時まで待っていてね」という気持ちで保管しておきましょう。
 もう一つ大事な事は「整理整頓」の意味を理解することです。「整理」とは「必要な物」と「不要な物」を分けて不要な物は手放し、必要な物だけを残すこと。「整頓」とは必要な物を取り出しやすく、整えることなんです。
 片付けの基本はまさに整理整頓! 整理して整頓をすることこそが片付けのカギです。

1373js_nehara002

「譲る」は期限決めて

 整理は①使う物、②使わない物、③他の場所へ移動する物、③迷う物―の4つに分類するところから始めます。必要な物・不要な物という基準で考えると「全部必要!」となることもあるのでまずは「使う物」と「使わない物」を分けましょう。箱や紙袋、ゴミ袋など使うと便利ですよ。
 他の場所へ移動する物は箱などに入れてその場所の片付けが始まるまで触らずにいましょう。すぐに移動してしまうと、片付け作業中に無くすことがあるからです。
 手放すか残すか迷っている物も箱に入れ、ふたをしめて再チェックする期限を書きます。期限が来てもその箱を開けることなく使っていなければ整理の対象にしましょう。目に付くから手放しきれないこともあります。日がたつと気持ちは案外離れるものですよ。再チェックの日は、忘れないようにカレンダーにも記しておくといいですね。
 整理は単に「捨てること」だけではありません。壊れている物は捨てますが、まだ使えるけど誰も使ってない物は、リサイクル業者に出したり、誰かに譲ること。そのために箱を用意して分類しましょう。
 業者に出したり、誰かに譲る物の分類ができたら、行動を起こすのが最も重要なことです。ただ分類してもそれが押し入れの中にいつまでもあるということはありませんか?
 そこで「いつまでに」もしくは「いつ」
 リサイクル業者へ持っていくのか、手放す期限をはっきりさせます。
 「必要な人へ譲る」ことも同じ。分類したら譲る相手を明確にしましょう。譲る人別に分けて、期限を決めたら箱とカレンダーに手放す日を書き込み、期日には必ず渡しましょう。

1373js_nehara002

分類から自分知る

 収納の中に服や雑貨などもったいないから取ってある物、高かったけど使ってない物が以外と多いですよね。
 もったいないから取ってある物は「もったいないからこそ必要な人に使ってもらおう」という思考に切り替えましょう。
 また高かったけど使っていない物は使わない理由を考えましょう。買った時は高くても月日と共に価値が下がっていく物がほとんど。置いて利息を生むものではないですよ。
 整理ができれば片付けは半分以上終わったようなものです。
 分類をすると今までどういう物を買っていたか、どういう物を残していたか、自分たちの傾向を知ることができます。自分自身を知り、向き合うためにも整理に本腰を入れ頑張りましょう!

ごみの分別、ルール守って

 片付けが進み、手放すものが明確になってくると直面するのがごみの問題。捨て方が分からないまま、不要なものがどんどん増えていったという経験もあるのでは。
 ごみの分別について県環境整備課の吉田直史主任は「各市町村により分別方法や出す曜日などは異なります。そこで詳しく説明がされたパンフレットやポスターなどが各市町村から配布されているので、参考にして処分しましょう。片付ける際にすぐ目に留まるところに張るなどするといいですね」とアドバイスした。
 それでも分からない場合は、各市町村の環境担当課など、ごみ処理に関する窓口に問い合わせることが大切。また、分別して適切に処理することでごみの容量が減り、処理のコスト削減や年々足りなくなる最終処分場の残余容量などの問題の解決、また再生利用の促進が環境への配慮にもつながる。
 「ごみの出し方一つもマナーやモラルといった一人ひとりの心がけ次第」と吉田さんは念を押した。


コラム
根原典枝(ねはら・のりえ)
 合同会社「暮らしかたらぼ」代表。サポートマンマおきなわ主宰。
ライフスタイルに合わせた収納システムの提案や片付けの教室、家事のサポートなどで活躍中


毎週木曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1379号2012年5月18日に掲載しました

月別アーカイブ

ライター