沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

カラダのコト 親子で学ぼう!思春期 -2-

体調気にかけプラスの声を

思春期の女の子が「生まれ変わっても女の子がいい」そんなふうに思えるように、母親は娘さんに「月経リズムと体の状態、それとの上手なつき合い方」について教えてあげて下さいね。
月経が始まる少し前になると、おなかや胸が張って痛くなる、イライラする、便秘になる、ニキビが出るなどの症状に悩む女性が80%くらいいるといわれています。これはPMS(月経前症候群)とよばれホルモンのアンバランスによっておこり、月経が始まると症状はだいたいおさまります。PMSは「女性ホルモンがちゃんと働いている証拠」とポジティブに受け取り、上手なつき合い方を見つけましょう。十分に睡眠を取るよう心がけ、軽いストレッチをしたり、お風呂に入るのもおすすめです。市販の痛み止めを1~2回飲むのもいいでしょう。どうしても症状がひどく日常生活にも困るときは婦人科に相談してみて下さい。

女性ホルモンの変化に伴うからだと心の変化を示した図。月経に伴う心身の変化が分かれば、対処もしやすい。ザクロ屋HPより抜粋
女性ホルモンの変化に伴うからだと心の変化を示した図。月経に伴う心身の変化が分かれば、対処もしやすい。ザクロ屋HPより抜粋

月経周期とうまくつき合う

また、排卵日にも心や体に変化がおきます。この時期は体調が良い人が多く、肌のコンディションも絶好調で、気持ちも明るくなり、記憶力もアップするすてきな時期です。習い事や人付き合いなど新しいことを始めるのにおすすめです。
更年期の母と思春期の娘さん、どちらも心が揺れ動いている時期ですから、お互いのコンディションを知ることは大切なことです。母親も娘さんと一緒に月経記録をつけて、お互いの「体調のいい時」「気持ちが下がり気味の時」などを知っておくと、ささいなことで口げんかになるのを避けることができると思います。
また母親は娘さんの症状についてゆっくり聞いてあげられる時間を見つけ、「ちょっとツライ時期もあるけれど、大人の体に成長しているしるしだね」とプラスのイメージで月経について話をしてあげて下さい。この時の母親から受け取った印象がその後の女性観に大きく影響してくるのでプラスのイメージで話ができると「女性に生まれてきてよかったなぁ」と思える人も増えると思います。

Topics おすすめ本

1348hp_sisyunki02ポップコーンエンジェル
女の子が知りたい「月経」「おっぱい」「妊娠」などの不安・疑問をマンガで分かりやすく解説している本。百名さんいわく「女性をいたわる気持ちを育てるため男の子にも読んでもらいたい1冊です」。
■出版社/子どもの未来社、著者/手丸かのこ


1334hp_sisyunki_p

執筆/百名奈保(助産師・保健師・看護師・思春期保健相談士)
PROFILE
ひゃくな・なお/那覇市おもろまちで「助産院*きらきら」を開業。
「乳幼児からの性教育」「女性ホルモン」などの講座が人気。
詳細はブログで(http://kirakira2010.ti-da.net
same‐moon@comet.ocn.ne.jp


毎週木曜日発行。週刊ほ〜むぷらざ1348号(2013年5月2日に掲載しました)

月別アーカイブ

ライター