沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

カラダのコト 親子で学ぼう!思春期『体の成長 違って当たり』

-3-

『体の成長 違って当たり』

 「私って大丈夫?」「僕だけ? 普通かな?」。中学生くらいになると男子も女子も体の成長に個人差がみられ、人と違うことを心配したり体のにおいが気になったりする子どもが増えます。
 助産院によせられる相談の中で、この頃の女子の悩みで多いのは「おりもの」についてですが、おりものは涙と同じように自浄作用があり、膣や子宮を感染症から守ってくれます。ですから入浴時はゴシゴシ中まで洗わず、外陰部を優しく洗うことが大切です。おりものは甘酸っぱいにおいがしますが、他の人に分かるくらいにおうことはまずないです。もしお母さんが子どものにおいに気づいた時は、下着やナプキンをこまめに取り換える、毎日シャワーを浴びるなど、さりげなく声をかけてあげて下さい。
 また、女子が気にすることの1つに乳房や外陰部(陰唇)の形と大きさがありますが、形に左右差があったり色の濃さもみな違うものなので、人と同じではないと心配することはありません。体はどのパーツも大切ですので、お風呂上がりに鏡でチェックしてみるのもお勧めですよ。

自分の体を好きになる

 男子の悩みで多いのは「包茎」「マスターベーション」について。包茎はペニスの先が皮をかぶった状態をいいますが、手でむければ仮性包茎といい生活をする上で心配ありません。ペニスの先が赤く腫れたり痛みがある時は小児科か泌尿器科を受診しましょう。
 親も子もなかなか話題にできないのがマスターベーションですが、男の子に限らず思春期の子どもたちの多くが経験する自然なことですので、目撃をしてしまっても慌てず、怒らず静観して下さいね。叱られたりしてマイナスの経験になると、自分の性器を触ることに罪悪感を持ち、将来大人のコミュニケーションの1つであるセックスがスムーズにできなくなってしまう人もいます。自分の体はどこを触ってもかまわないのですが、「プライベートな場所を確保し1人でする」「清潔にする」などのマナーを伝えておくことは必要です。
 ずっとおつき合いする自分の体。きれいに洗い、観察し、触れてみて、自分の体を好きになって下さいね。

マスターベーション経験率。大学生男子の9割は経験するほど自然なこと(参考資料/(財)日本性教育協会)
マスターベーション経験率。大学生男子の9割は経験するほど自然なこと(参考資料/(財)日本性教育協会)

1353hp_sisyunki02

Topics おすすめ本
「おれたちロケット少年」
 男子が知りたい「おちんちんの大きさ・形」「勃起」「自慰」「包茎」「セックス」「エイズ」などの不安・疑問への答えが、マンガで分かりやすく紹介。母親や女子にも知ってほしいことばかりなので、チェックしてみて。
■手丸かのこ著、出版:子どもの未来社


1353hp_sisyunki_p

執筆/百名奈保(助産師・保健師・看護師・思春期保健相談士)
PROFILE
ひゃくな・なお/那覇市おもろまちで「助産院*きらきら」を開業。「乳幼児からの性教育」「女性ホルモン」などの講座が人気。詳細はブログ http://kirakira2010.ti-da.net
same-moon@comet.ocn.ne.jp


毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざにて連載<第1353号2013年6月6日に掲載しました>

月別アーカイブ

ライター