沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

ごちそうレシピ 優しい味でおもてなし <ブリ大根>

 シンプルだが、意外と難しいブリ大根。魚の臭みを消すなど下処理をしっかりすることで、ふっくらおいしく出来上がる調理方法を紹介。ほかにもカボチャなど寒い日を乗り切る旬の味覚をふんだんに使った料理に挑戦しよう。

旬の味覚でほっこりおもてなし

ブリ大根

■ブリ大根

調理時間:1時間


<材料 4人分>
ブリ(あら、かま、切り身など)/600~700g
ダイコン/1/3本
水/2カップ
酒/1/2カップ
砂糖/大さじ2
みりん/80ml
しょうゆ/70ml
しょうが/20g

※必要に応じて酒、水、かつおだしなど適宜

写真A
写真A
写真B
写真B

<作り方>

ブリは軽く塩をふり、10~15分ほど置き、沸騰した湯にくぐらせ、ザルにあげる。
★塩は魚の臭みを消すため軽く。置く時間は身に水分が出る程度が目安。

ダイコンは皮をむいて1.5~2cm厚さに切って面取りをし、沸騰した湯に入れ15~20分ほどゆでてザルに上げる。

鍋に赤色で表記してある材料を入れひと煮立ちさせる。
★煮立てておかないと魚のにおいが煮汁にうつってしまう。おいしく仕上がらない。

3にダイコン、皮を下にしたブリの順番で加え、やや中火にし、落としぶたでふたをし、20~30分煮込む(汁気が半量になるくらいまで<写真A>。落としぶたは空気穴をもうけ<写真B>、魚のにおいを蒸気と共に逃がす)。ブリやダイコンに味がしみこんだら、ミョウガ、ミツバなどを添えて盛り付ける。
★途中、木ベラなどを使い、ブリの身が崩れないよう気を付けながら裏返す。
★味が染み込む前に煮汁が足りなくなったら酒、水、かつおだしを適宜加える。


講師:がなは理恵子(松本料理学院講師)
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざにて連載中<第1436号2015年1月22日に掲載しました>

月別アーカイブ

ライター