沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

木霊のひびく家々<心柱・一本にかける執念>

1483js_kodamalogo

-2-

『心柱・一本にかける執念』

家の中央に立つ心柱。心柱だけではなく、すべての木材に木霊が宿る=北中城村仲順
家の中央に立つ心柱。心柱だけではなく、すべての木材に木霊が宿る=北中城村仲順

空師と木霊と出会う旅

 躯体に金物類を使わない伝統構法。その中心に立つ心柱用の木を探しに、宮崎県・綾町の山へ。たった1本の木を九州まで探しに行く価値は、木の気持ちを知り尽くした空師と、木々に宿る木霊に会うことにあるという。

(執筆・後藤道雄 社会的企業 じねん(自然)組 一級建築士事務所 代表)

心柱に特定した綾杉の大木
心柱に特定した綾杉の大木
山で南側に張った枝を現場でもそのまま南側に向けて使う。木霊はこれから家の守護神となる
山で南側に張った枝を現場でもそのまま南側に向けて使う。木霊はこれから家の守護神となる
空師がまるでサルのようにロープ一本で木に登り、特定した綾杉の頂部を切断する。枝を残したまま伐採するのは至難の業
空師がまるでサルのようにロープ一本で木に登り、特定した綾杉の頂部を切断する。枝を残したまま伐採するのは至難の業
壁木とは、森の外周にあって中の森を守る働きがある(撮影協力:綾町・照葉林業)
壁木とは、森の外周にあって中の森を守る働きがある(撮影協力:綾町・照葉林業)

役割重視し木を探す

 心柱探しでは、建て主、設計者、大工の棟梁(とうりょう)、製材所が一同にそろい山に入ります。
 案内は空師(そらし)と呼ばれる木樵(きこり)さんです。設計図を見せ、心柱に必要な長さや直径が重要かと思いきや、聞かれたのは「柱の役割」でした。どのような位置に立って、どのような力を負担するのか? 躯体に金物類を使わない伝統構法。その中心に立つ心柱用の木には、沖縄の強烈な台風の力を分散・吸収しつつ、自然力にも対抗する柔と剛の組み合わせが必要。難しい注文に空師は数カ所の森を案内しました。
 それぞれの立場の思惑がやっとひとつになった時、立ち止まった枝付きの杉の大木を見上げて空師が言いました。「このようなイメージでいきましょうか?」。全員の考えも一致しましたが、この日は特定できずに沖縄に帰りました。
 それから1カ月後。空師から「木を何本か案内するので見てほしい」と連絡があり、再び、宮崎県・綾町に出かけました。そして出合った心柱になる巨木。空師が指さした綾杉は、高さが約22メートル、根っこの直径は約60センチ。私が両手で抱いても届きません。
 言葉が通じず、自分の意志で動くこともできない木に寄り添い、木の気持ちを一番理解している空師。たった1本の木を九州まで、二度にわたって探しに行く価値は、空師と木霊に会うことにあります。木を特定するには、強度や見かけ以前に魂や思いが大切と考えるからです。

科学だけで捉えずに

 特定された巨木は森の外周にあって、中の森を守る壁木。日頃から南の風を受けていました。枝がそれを教えます。
 木は切られても、宿る木霊の力を無化学・無薬剤、手作業でそのまま生かそう! と誓いました。枝付きの心柱は手加工したのち、沖縄の現場でも山で育った同じ方角に向けて立てました。
 山は保水力などの公益的機能、木材は二酸化炭素の吸収・固定、木組みは寸法で組み金物で補強するなど、現代は木造住宅とそれにまつわるものを科学的に捉える風潮が目立ちます。生きものとしての木がどこで育ち、どのような性格や癖があるのかよく見極め、木に宿る木霊の気持ちを察して加工・組み上げることに重きを置けば、同じ木造の家でも学ぶものは格段に増します。
 「木霊」はどんな姿だったか?それは私の心の中にあります。森を守った木霊が、今度は家を守ってくれます。一本一本の木に宿る木霊たちに「感謝」の心が育つのは、ごく自然のことです。感謝の心は、安定的で継続的な人間社会の構築に必要不可欠で、正しい秩序や争いごとの少ない社会を築く上でとても重要な要素だと考えています。(一級建築士・環境カウンセラー)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

 この連載は、一級建築士で林間学校「おきなわ環境塾」も主宰する後藤道雄さんが、伝統的な木造住宅と木や森、水を絡めた、自然とつながる家づくりを語ります。


後藤道雄さん

<プロフィル>
ごとう・みちお
1951年、熊本市出身。木造歴45年、伝統構法による人格形成がモットー。日本建築士会連合会賞 奨励賞、住宅建築大賞、木材活用コンクール優秀賞など受賞

社会的企業 じねん(自然)組 一級建築士事務所
http://nuchiyuruya.com/


※写真をクリックすると拡大して見ることができます。
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞にて連載<第1496号2014年8月29日に掲載しました>

月別アーカイブ

ライター