沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

本村ひろみの「おきなわ 暮らし散歩」<4>

motomura20150212a

『あそこに行けば』

シアワセな気持ちになる場所、ありますか?

たとえば、
クロワッサンのおいしいパン屋さん
隠れ家のような庭のあるカフェ
かつお節の香りたつみそ汁が出てくる定食屋
ゲート近くのスコーンと紅茶の専門店
家具屋が並ぶ58号線沿いのシャビーシックなお洋服屋さん
空想に浸っていてもそっとしておいてくれるインテリアショップ
オールディーズが流れている雑貨屋

パイプラインから沖縄市へと続く道のりは異国情緒。
昔ながらの瓦屋根の向こうに外人住宅が混在している。
大人の秘密基地といった感じ。

motomura2015021205

観覧車を眺めながらヤシの木が続く58号線を北へ向かうと、
ダンスパフォーマンスを披露する美容室
ベニイモアイスのあるアイスクリーム店
ハードロックが流れているネイルサロン
クラムチャウダースープがテークアウトできるレストラン
夕日でオレンジ色に染まるモクマオウの海岸線

南下して那覇に向かう途中には、
ジャズが流れる沖縄そば屋
大きな船や飛行機にも出合える橋の、てっぺんから見える夕焼けは最高。

そして国際通り。路地裏は今でも子どものころと変わらぬ風景。
抜け道にはサクラやヤナギ、竹やぶもある。
夏には店頭でお酒も飲めるうなぎ屋さん
ネコの多い坂道の上にある小さな映画館
昔なじみのおばさんが店番をしているお餅屋さんは
しーぶん(おまけ)がある。

ユーミンを大音量でかけてくれる喫茶店
たくさんのどあめをくれる薬屋さん
名前で呼んでくれる本屋さん
いつもラジオが流れているサーターアンダギーのおいしい天ぷら屋

motomura2015021209

国際通りを歩き疲れたら友人のお店に立ち寄る。
二宮金次郎の銅像が目印だった文具店
熱いお茶を出してくれる三代目の呉服屋さん
緑が丘公園の近くにあるドーナツ屋さん
同級生が染織りの職人をしている琉球絣(かすり)の専門店
小さな博物館のちんすこう屋さん
サーファーの友人が営む地下にあるボードショップ
そして84才になる伯母が現役で店員を務める老舗の宝石屋さん

motomura2015021206

「あそこに行けば」

笑顔になれる、そんな場所。
書きだすとお世話になっている人の顔が浮かんできて温かい気持ちになりました。
そして、私が一番シアワセな気持ちになる場所。
「母のかめーかめー攻撃を受ける実家の食卓」
これ以上の場所はいまだに見つかりません。


本村ひろみさんのコノイエコラム
おきなわ 暮らし散歩 関連記事

本村ひろみの「おきなわ 暮らし散歩」

この記事のライター

本村 ひろみ

フリーパーソナリティー

本村 ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業。
ラジオやテレビのレポーターを経て、ラジオのパーソナリティ、式典や披露宴、イベントなどの司会として活躍中。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「プラチナ世代の活き方革命」でパーソナリティーを務める。沖縄県立芸術大学大学の修士課程を修了。英国サリー芸術大学に留学し、ファッション・デザイン課マスターコースで学んだ経験を生かし、デザインやイベントのプロデュースにも携わる。
http://cats007.ti-da.net/

月別アーカイブ

ライター