沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

ペットも一緒に賃貸生活<賃貸特集 借りさびら>

賃貸特集「借りさびら」<6>

コノイエ+プラスで部屋探し

ペットも一緒に賃貸生活

 進学や就職、転勤などで引っ越しが増えるこの時期。転居を考える比嘉一子さん(34)は、不動産検索サイト「コノイエ+プラス」を使って部屋探しを始めた。物件見学に同行し、見学時のポイントや契約時に気を付けたいことなどを、(有)とみや不動産賃貸部の髙里和代さんに教えてもらった。理想の物件に巡り合うには、こまめな情報チェックと不動産会社とのやり取りが重要だ。

サイトで物件を検索

コノイエプラスで賃貸アパート探し
「コノイエ+プラス」(konoie.okinawatimes.co.jp)に、タブレット端末やスマホからアクセス。希望する条件を入力して物件を検索する

お気に入りの物件が見つかったら不動産会社へ連絡

賃貸アパートをコノイエプラスで探す
物件を管理する不動産会社へ連絡し、見学の日程を調整する。見学は、不動産会社の担当者に連れて行ってもらうことも、物件で直接、待ち合わせをすることもできる

いざ、物件を見学。

お気に入りの物件が見つかるかも
2件目に見学したペット可アパート。ベランダ側に高い建物はなく、日当たりも良好。「5階は見晴らしもいい」と、比嘉さん親子には好評価

 比嘉一子さんは、宜野湾市内の2DKのアパートに中学生の龍人くん(14)、愛犬・チェイキー(10)と暮らす。「息子の一人部屋を作りたい」ので希望は3LDK、駐車場付きで家賃は6万5000円程度、ペット可、息子の学校区内など。条件を踏まえ「コノイエ+プラス」で検索。めぼしい物件が見つかった。
 「コノイエ+プラスにペット可特集があったので、そこから地域を選んで検索しました。情報もスッキリ見やすく、分かりやすかった」と比嘉さん。さっそく物件を管理する不動産会社に連絡し、親子で物件を見学した。

比嘉一子さん、龍人くん親子と愛犬・チェイキー
比嘉一子さん、龍人くん親子と愛犬・チェイキー

家財や暮らしイメージ

 見学した物件は2つ。まずは幹線道路から少し離れた静かな住宅地にある一戸建て。広い庭、遠くに東シナ海が見える景色も魅力だ。「少し予算オーバーだけど、ペットがいるのでやっぱり一戸建てもいいなと思って」と比嘉さん。
 「天井が高くて明るい」のも特徴。西向きのリビングには大きな窓があり、物件を案内してくれたとみや不動産の髙里さんは、「遅い時間まで室内が明るい。祭りの花火も見えますよ」と説明する。
 比嘉さんは、部屋の使い勝手やキッチン設備、窓の位置などを確認。室内に手を加えることは可能かなど、入居後の暮らしもイメージして質問した。
 そのほか気にしたのは、近所のペットの飼育状況、街灯の位置や人通りなど。「物件には、昼夜時間帯を変えて足を運ぶ」と、比嘉さんは話す。

水が出せる物件なら、水圧もチェックしよう/写真左  一戸建ての庭先で。「ドッグランもいいかも。サッカーもできるよ」と夢を膨らませる/写真右
水が出せる物件なら、水圧もチェックしよう/写真左
 一戸建ての庭先で。「ドッグランもいいかも。サッカーもできるよ」と夢を膨らませる/写真右

2、3件見比べて検討

 2件目は築18年、5階建てのペット可アパート。幹線道路に近く、スーパーや公園も徒歩圏内と利便性が良い。
 同物件では「ほかの入居者の迷惑にならないように、外出時は1階まで抱いて出ることになっています」と髙里さん。ペット可の集合住宅では、トラブルを防ぐルールも重要だ。
 間取りは、玄関から洋室、対面式キッチンの並びに2間続きの洋室と和室がある。ベランダは2カ所で、一方はペットのトイレ用のスペースだ。「チェイキーなら、出入りもしやすそう」と比嘉さん。玄関向かいの洋室を自分の部屋にと希望した龍人くんは、「友だちを部屋に呼ぶのが楽しみ」と笑顔を見せた。
 「物件を比較して見ると、良し悪しがよく分かる。じっくり検討したい」と比嘉さん。ただ、物件を見過ぎるとかえって迷いが出るため、髙里さんは「見学するなら1日2、3件がベスト」とアドバイスする。
 異動期のこの時期は、日々、空室物件が動いている。「不動産会社を訪れた際に希望の条件を伝え、空き物件が出たら連絡をもらえるように頼んでおくと、退去の申し出があった時点でお知らせします」と髙里さん。不動産会社の上手な活用で、理想の住まいをスムーズに見つけよう!


<室内>
 手持ちの家具や現在の生活をイメージしながら見ることが大切。コンセントの位置も要チェック。見学時は、小さなスケールを持っておくと便利。家具の搬入を踏まえ、玄関ドアの幅や高さを測ったり、カーテンの寸法を確認する人も。スケールは案内してくれる担当者が持っているので、借りてもOK。

<周辺>
 時間帯を変えて物件の外の様子を見たり、アパートなら共用部分が清潔に保たれているかを確かめるのも、物件の雰囲気を知る大事なポイントだ。通塾や遊びに自転車を使う龍人くんは、見学した一戸建て物件前の坂道に「自転車では大変そう」と自分なりの視点で感じた意見を加えていた。

<ペット可物件の場合>
 ニオイや修繕などに対応するために、衛生費として初回に3万円(管理会社によって異なる)ほど費用が加わることが多い。

<一戸建ての場合>
 アパートなどの集合住宅と違い、テレビアンテナの設置やアンテナ線の引き込みなどは自己負担になる。自前で用意する必要があるのは何か、確認しておこう。


(有)とみや不動産賃貸部 髙里和代さん

 今回、物件を案内してもらったとみや不動産賃貸部の髙里和代さんに、物件見学のポイントと契約時に気を付けたいことをアドバイスしてもらった。

(有)とみや不動産賃貸部 髙里和代さん
 日々、空き物件が動いている時期。まめにポータルサイトをチェックしたり、不動産会社に連絡を入れることが、気に入った物件をスムーズに見つけるコツです。

物件見学時のポイント

★手持ちの家財のサイズは、事前に図っておこう
 「冷蔵庫やドラム式洗濯機などの大型家電や、大きな家具は、サイズによってはアパートのドアから搬入できないケースもあった」と髙里さん。物件を見学する前に手持ちの家財のサイズを把握しておくと、配置のイメージも付きやすく、いざ、入居する際もスムーズだ。
★シャワーなどの水圧をチェック
 建物の上に水タンクが設置されているのか、されていないのか、給水の仕組みによってシャワーなどの水圧が弱くなる場合がある。5階以上の物件で水が出せるなら、蛇口をひねって水圧を確認しておこう。
★駐車場の配置をチェック
 集合住宅でトラブルになりやすいのが、駐車場の位置。見学時にしっかり確認しておこう。基本的には管理会社が把握しているが、「管理会社を通さずに、入居者同士で駐車スペースを交換しているケースもある。その際は、規定のスペースに移動してもらうことになる」という。停められる車種も確認しておきたい。
★エアコンは付帯設備か? 前入居者の残置物か?
 室内にエアコンがあった場合、付帯設備なのか、前入居者の残したものかの確認を。「付帯設備なら、故障した場合は修繕補償ができる場合もありますが、前入居者の残置物だと自己負担になります」。

契約時の注意点

★「特約条項」しっかり把握を
 例えば、退去時の清掃費や畳の表替えなどの原状回復に関しての取り扱いは、契約書の特約条項として記載されている。「特約条項でどのように説明されているのかを契約時にきちんと確認し、覚えておくことが大切です」。

 1976年創業の(有)とみや不動産は、宜野湾市を中心に、中部地域の物件を幅広く扱う。3月1日から、契約時、初期費用0円の「楽賃(らくちん)プラン」を始めた。
 電話:098-892-1277


賃貸特集 借りさびら!
・壁紙・ペイントで華  Hさん宅(那覇市)「南国テイスト爽やかに」
・家具も床もパパお手製  新垣智也さん宅(うるま市)「使い勝手や安全性考慮」
・道路拡張で便利 宜野湾市我如古
・道路拡張で便利 豊見城市根差部
・おきぎん賃料調査2015「那覇市新都心」平均より高め


やーるんコノイエ+プラス」は、借りたい! 買いたい! 不動産情報がスムーズに探せる物件検索を中心に、沖縄での暮らしに役立ついろいろな情報を発信しているポータルサイト。パソコンはもちろん、タブレット端末やスマートフォンでもサクッと検索ができる。検索方法は、①地域から選ぶ、②地図から選ぶ(地図上でクリックした場所から、指定半径以内に含まれる物件を絞り込める)③小学校から選ぶ(小学校名を入力、または一覧から選択して検索)の3つがある。


※写真をクリックすると拡大して見ることができます。
編集/比嘉千賀子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1522号2015年3月6日紙面から再掲載」

月別アーカイブ

ライター