沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

三十路記者の舞台裏〜第三回国連防災世界会議にいってきました〜

<2>

 こんばんは。週刊ほ~むぷらざ、コノイエプラス編集の相です。

第2回目のテーマは「防災②」

14日から宮城県仙台市で行われている第三回国連防災世界会議について簡単にレポしたいと思います!

仙台空港に掲げてあった横断幕=14日撮影
仙台空港の横断幕=14日撮影

3月14日から宮城県仙台市で行われている第三回国連防災世界会議に来ています。
国連世界防災会議は1994年に横浜で第一回、2005年に神戸で第2回会議が開催され、世界規模で防災・減災について話合う会議のこと。過去の災害を継承し、次の世代に活かすため防災・減災について日本はもとより、世界各地から集まった団体がこれまでの取り組みや研究の成果を発表。見て、聞いて、共有してと、さまざまな角度から防災について考えることが出来るのが特徴です。
各国の首脳陣などの全体会議のほか、私たちが参加できるのは350以上のシンポジウムやセミナー、ワークショップ、200以上の展示などが開催されるパブリックフォーラム、東日本大震災の被災地を訪れるスタディツアーなど、盛りだくさん!!多くの人が訪れ、災害で受けた痛みを分かちあいながら、次なる災害に備えるために共に考えていました。

今回はその中のひとつを紹介します。

会場の一つ、せんだいメディアテーク。

各会場の正面には立て看板などが設置されていた。
各会場の正面には立て看板などが設置されていた。

ここは東北防災、復興をテーマにしたパビリオン。

壁一面に描かれた東日本大震災の客観的事実や防災の取り組みなどを紹介している=16日撮影
壁一面に描かれた東日本大震災の客観的事実や防災の取り組みなどを紹介している=16日撮影

被災地域の自治体が連携し、世界に向けて東日本大震災を、被災地の復興などについての展示です。震災をデータと時系列で確認する事で改めて311を振り返る機会となりました。

被災自治体ブースでは福島、宮城、仙台市、岩手、青森県がそれぞれの地域の特色や取り組みなどを展示してました!それぞれの地域の良さが一目で分かります。

せんだいメディアテーク内で展示されていた地域ごとの防災、復興の取り組みの紹介=16日撮影
せんだいメディアテーク内で展示されていた地域ごとの防災、復興の取り組みの紹介=16日撮影

また近くの公園ではイベントも。
ぽかぽか陽気の土日にはたくさんの家族連れの姿がありました。

仙台市青葉区の勾当台公園で行われたせんだい防災の広場=14日撮影
仙台市青葉区の勾当台公園で行われたせんだい防災の広場=14日撮影

消防や災害救助犬のブースなどでは子どもたちも楽しそうに防災について学んでいました。こういう光景が沖縄でも見られたらいいな~と思いました。

広場で行われた伝統の梯子(はしご)乗りには見物客の目は釘付けに=14日撮影
広場で行われた伝統の梯子(はしご)乗りには見物客の目は釘付けに=14日撮影
勾当台公園内、国際交流広場にて振る舞われていたせり鍋=14日撮影
勾当台公園内、国際交流広場にて振る舞われていたせり鍋=14日撮影

街中には防災会議の開催をPRするのぼりやポスターもあちらこちらに。

仙台駅前のビルの壁面を使った案内=16日撮影
仙台駅前のビルの一面には巨大なポスターが掲示されていた=16日撮影
アーケードや歩道の両脇にも掲示物があった=16日撮影
アーケードや歩道の両脇にも掲示物があった=16日撮影

また、この会には本当に多くのボランティアの方々が携わっていました。子どもたちからお年寄りまで、皆さんの思いの強さを感じました。

被災体験と復興、そしてハード面、ソフト面の両方から次の災害に対しての備え。
東北や兵庫、新潟など国内の被災地はもちろん、世界中からこれまでの取り組みを、いろんな思いをこめて発信していたたくさんの人たちがいました。
悲しみ、苦しさ、やるせなさそのなかでも、一歩ずつ前に進んでいる姿。時には笑い、時には涙し、心をこめて皆さん語っていました。
その声から多くのことを教えられました。私自身の無力さや無関心さを指摘され、でもそのなかでも私は、私たちは何を伝えることができるのか、何を伝えるべきなのか、改めて問われているように思います。

地震、津波、風水害、災害は沖縄でも起こらないとはいえません。
「声」から学んだこと、気付かされたこと、どのように県内に還元していくことができるのか、痛みに寄り添いながら今後も紙面やWebを通して、もっともっと紹介していきたいです。

国連世界防災会議は本日まで。

この記事のライター

相馬 直子

編集部週刊ほ~むぷらざ班

相馬 直子

ハンター系女性記者(笑)。暮らしがもっと豊かに、もっと楽しくなるような情報を提供できるようなネタが無いかと日々目を光らせています。特に防災、気象に関心があります。いろいろはじめるけど継続ができないことが悩み。目標は脱★干物。そのためも、お弁当を作ることと女子力を上げることを目指しているが、どちらも停滞中。

月別アーカイブ

ライター