沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

普天間イオリの「オキナワ女子LIFE」<8>

ミュージックビデオ撮影

撮影で奥武島へ。

プロデュースするボーイズアイドルユニット「KRAZY BOYZ」のミュージックビデオを撮る仕事。

iori20150625a

ロケ場所を選んだのはディレクター。
奥武島というとてんぷらのイメージがあって、観光地としても人気だけれど、てんぷら店の行列から少し離れただけで一気に景色が変わる。
海の側にあるどことなく廃虚っぽい雰囲気の場所で、確かに、ダークな楽曲のイメージにぴったり。
外国人ということもあってか、目の付けどころがわたしたちとは少し違うようだ。

それにしても、沖縄に、しかも奥武島にこんなところがあるなんて、ウチナーンチュの私でも知らなかった。
どうやらアーティストだけでなくコスプレーヤーや写真家にもよく知られた撮影スポットのよう。

iori20150625b

よく見ると「立入禁止」の「禁」の文字が違っているのだが、それもまたディレクターのお気に召したらしい。

iori20150625c

撮影が進む一方、壁の向こう側で仕事をする私。
一枚の壁を隔てて、夢と現実が共存しているような不思議な写真。

iori20150625d2

そして夜は某港にてビデオに登場するヒロインの撮影。
20歳にしてはかなり大人っぽいモデルのマリナちゃん。
ヒロイン役の候補は他にもいたけれど、最終的な人選はディレクターと私の意見が一致し、彼女に決定した。
エキゾチックな中にどことなく和の要素もあって、一見してどこの国の女性か分からない異質な魅力がある。

他にも南部を中心にさまざまな場所で撮影し、ミュージックビデオを完成させたが、出来上がった映像を見た人に必ず聞かれるのが「海外ロケ」?

同じ沖縄の風景でも、見る人、撮る人によって、そして魅せ方、アレンジによって、こうまで印象が変わるのだなと改めて感じた日々だった。


▼普天間イオリさんのコノイエコラム
関連記事はこちらから

普天間イオリの「オキナワ女子LIFE」

この記事のライター

普天間 イオリ

ライター/コラムニスト

普天間 イオリ

中城村出身。東京でファッション誌などの制作に関わり、沖縄へ戻ってからも新聞、雑誌、ウェブなど様々な媒体で記事やコラムを執筆。OTV「ウィン♪ウィン♪」はじめテレビ、ラジオ、雑誌などに多くのレギュラーを抱える他、沖縄唯一のボーイズアイドルグループ「KRAZY BOYZ」のプロデュースも手がける。
http://duffo.ti-da.net/

月別アーカイブ

ライター