沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

柿本洋の「OKINAWA中古住宅ガイド」<3>

新築、中古 どっちにする?

 新築やリフォーム、中古住宅の仲介に携わる仕事をしていて、お客さまから聞かれることが多いのが「新築と中古どちらが良いですかね?」という質問です。

 結論から言うと、正解はないと思います・・・(汗)。それぞれ、メリット、デメリットがあり、現在の家族構成、立地、購入予算、建物へのこだわりなど、お客さまによってさまざまで、それらを総合的に判断して決めていくことが大切になります。
 ただ、近年は都市部の住宅用の土地不足、サラリーマンの平均年収の減少、建築コストの上昇など、新築での取得が簡単ではない状況になってきているのも確かです。

 メディアでも、中古住宅のリノベーション(資産価値を高める大規模な改装)を数多く取り上げるようになりました。国も住宅施策の方針をスクラップ&ビルド(新築の供給重視)から、ストック重視(既存住宅の活用)へと舵(かじ)を切っています。

  それらのことが要因となって、新築から妥協して中古住宅ということではなく、あえて中古住宅を選んで賢く住むというライフスタイルを選ぶ方が増えてきています。
 中古住宅の購入のメリットとして一番大きいのは、新築より安い価格でしょう。しかし、築浅の物件を購入して改装しようとすると新築より割高になることがあります。
 築20年から30年程度で、価格が下げ止まってきている物件であれば、フルでリフォームしたとしても新築の3分の2、4分の3と費用を抑えやすくなります(もちろん建物の状態やリフォームの内容にもよりますが・・・)。
 鉄筋コンクリート(RC)造住宅の場合、築25年以内であれば、新築同様、住宅ローン減税も活用できますので、さらにお得に購入できます。

 次に立地面ですが、新築は土地がなければ、建てることはできません。中古なら物件が出れば、土地ごと購入が可能です。地盤や敷地周辺の環境、採光や通風など、現在の状況を確認した上で購入を判断できます。
 デメリットとしては、早期にメンテナンス費用が掛かったり、完全に思い通りの間取りにならなかったり、物件によっては住宅ローンの審査が厳しいといった点があります。
 新築、中古ともにメリット、デメリットを把握した上で、建物の仕様や立地、価格など、優先順位を決めて、どちらを選ぶか判断されてはいかがでしょうか。

 次回は購入した中古住宅をリフォームする際のチェックポイントについて触れたいと思います。


柿本洋さんのコノイエ+コラム
「OKINAWA中古住宅ガイド」過去の記事

柿本洋さんのコラム

この記事のライター

柿本 洋

佐平建設取締役常務

柿本 洋

1979年、広島県生まれ。㈱佐平建設取締役常務、㈲日建開発取締役。「身の丈に合う、こだわりのマイホームを」と考える人向けに、中古住宅の物件情報とリフォーム案をセットにして発信する不動産サイト「きたな美(ちゅ)らん」をオープン。建物の状態を診る「1級建物アドバイザー」の資格を持つ。3児のパパ。

月別アーカイブ

ライター