沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

街角にある小さな自家焙煎珈琲豆店 コーヒー豆の香りに誘われて【コノイエ散歩】

tettohcoffee001

街角にある小さな自家焙煎 珈琲豆店
Tettoh Coffee
テットウコーヒー

沖縄でも豆をローストする専門店が増えていきたように思えます。散歩の途中で立ち寄った「自家焙煎する珈琲豆専門店」へ行ってきました。ドアを開けると、珈琲の香りが全身を包み込み、心身ともにリラックス。

入口から見える焙煎機は機械好きの男子にはたまりません(☆Д☆)キラリーン♪
入口から見える焙煎機は機械好きの男子にはたまりません(☆Д☆)キラリーン♪

tettohcoffee002

壁に掛けられた棚には、焙煎された豆がずらり、すべて販売されている。わかりやすく解説された情報が記入されており、初心者でも安心。

産地や銘柄など自分の好みの豆が見つかるかも♪

・・・でも、やっぱり素人には、どれが好みってわかんない〜! って人も大丈夫!

オーナーの石川智史さんが丁寧に教えてくれます♪

深煎りの豆は、苦味のバランスがよく、沖縄の夏にピッタリのアイスコーヒーにあう♥(豆:ビター・ブラジル)
深煎りの豆は、苦味のバランスがよく、沖縄の夏にピッタリのアイスコーヒーにあう♥(豆:ビター・ブラジル)

2015年3月にうるま市喜屋武にオープンした、テットウコーヒーさんの珈琲豆は、深煎りの苦味の中にも奥深い「甘味」を追求し、何杯でも飲める上質な味わいとクリアな飲み口を目指しているそう。

専門店ならではのこだわりが、美味しい一杯を作り出しているんですね。

写真上/アイス用にブレンドされた珈琲は、苦みの中にもほどよい酸味、クリアな喉ごしが沖縄の夏にはぴったりです♪ 写真下/抽出する時に豆をミルで粉砕。豆の状態のほうが劣化が少なく、美味しい珈琲ができあがるそうです♪(豆の持ち帰りの際に”豆のまま”もしくは”挽く”がえらべるそう)
写真上/アイス用にブレンドされた珈琲は、苦みの中にもほどよい酸味。クリアな喉ごしが沖縄の夏にはぴったりです♪
写真下/抽出する時に豆をミルで粉砕。豆の状態のほうが劣化が少なく、美味しい珈琲ができあがるそう♪(豆の持ち帰りの際に”豆のまま”もしくは”挽く”が選べる)
抽出される豆の香りは格別
抽出される豆の香りは格別
可愛らしいラッピングは、プレゼントにも最適! ベンチには地域の方が休む場所にも(^o^)
可愛らしいラッピングは、プレゼントにも最適! ベンチには地域の方が休む場所にも(^o^)

テットウコーヒーでは、アイスコーヒーやホットコーヒーをテイクアウトする事もできます。

今回僕は、ホットコーヒーをいただきました。

抽出される珈琲から広がる香りに癒され、幸せの時間を満喫(^o^)

県道75号線沿い、沖縄市から北上すると平良川交差点手前にある「珈琲豆」の「のぼり」が目印。

住んでいる近くに美味しい珈琲豆(テイクアウトも含む)を販売しているお店があるっていいですね♪

引っ越しを考えた〜い(笑)
(web担当 照屋)


2016年10月5日(水)
Tettoh Coffeeさんが移転リニューアルOPENしました。

住 所:沖縄県うるま市栄野比717
電 話:098-989-3803
営 業:8:00〜18:00(L.O.17:30)
定休日:日曜・第4月曜

詳しくは、funokinawa 店舗情報をご確認ください。
https://fun.okinawatimes.co.jp/spot/gourmet/detail/125


▼関連記事はこちらから

「プラスから広がるブログ」
このブログでは、株式会社タイムス住宅新聞の取材・社内のウラ話を発信しています。お楽しみに。

この記事のライター

照屋 正也

web班

照屋 正也

「ワクワク・ドキドキをこの住まいから。」をキーワードに、コノイエ+プラスの開発に携わる。沖縄の住まいと暮らしに充実したプラス(情報)を提供したい。そんな気持ちで毎日、仕事をしています。座右の目:シンプル イズ ベスト・趣味:お菓子作り(笑)

月別アーカイブ

ライター