沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

LDKに見る力関係【住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ】

-4-

住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ

「LDKに見る力関係」

執筆者/宇津﨑友見

 今までたくさんのいろいろな家を見てきました。LDKが心地よい家は仲良し家族です。家族を見なくても、LDKを見ると関係の良し悪しや健康状態が分かります。
 自宅のLDKを思い出してください。あなたの物はどれくらいありますか? 誰の物が一番多いですか? 実は、LDKを見るだけで、その家で誰が主導権を握っているのか、家族のパワーバランスが一目で分かります。そう言うとビックリされますが、まだハズレた事は一度もありません。人の態度よりも、LDKの荷物の方が実は、リアルに関係性を表します。
 お母さんの物が多いと、かかあ天下。お父さんの物が多いと亭主関白。子どものおもちゃであふれているご家庭は、親が子どもに振り回されています。あなたの家はいかがですか?
 一番理想は、家族全員の物が同じようにあること。意識しないとどうしても、置く物に家族のパワーバランスが出てしまいます。リビングを家族全員が心地よい空間にするには、同じ量だけ物を置く必要があるのです。
 想像してみてください。自分の大好きな球団の貯金箱、メガホン、マスコット人形。「リビングに置かないで」と妻に言われ、会社に置いたとします。好きな球団グッズのある場所は楽しいし、癒やされます。すなわちご主人は、家に帰るより会社にいたいと思うようになるのではないでしょうか?
 そんな事が起きないように、私は最初のプランニングの際、LDKに家族の収納スペースを作ります。棚の上などになるべく家族均等の大きな収納ボックスを用意し、出し入れはそれぞれが責任持って行います。
 収納ボックスを置くスペースがないなら、飾り物は一人三つまでなど、家族でルールを決めても良いかもしれません。その上で、定期的に家族のパワーバランスチェック。それが、家族全員が心地よいと思える家づくりにつながります。

「住育セミナー」沖縄で開催

<1> 2015年7月30日(木)〜  
<2> 2015年8月15日(土)~  
回 数 各3回  
講 師 上原桂子  
お問い合わせ先 (一社)日本住育協会  
URL http://www.jyuiku.net/

住育アドバイザー・宇津﨑友見さん

宇津﨑友見(うつざき・ともみ)
(株)ミセスリビング代表取締役社長。建築士、住育アドバイザー。母、妹と全国各地で住育セミナーなども開く


▼(株)ミセスリビング ホームページ
 http://mrs-living.co.jp/
▼一般社団法人 日本住育協会 ホームページ
 http://jyuiku.net/
▼ブログ
 http://www.jyuiku.net/blog/

▼関連記事はこちらから


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1542号2015年7月24日紙面から再掲載」

月別アーカイブ

ライター