沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

株式会社タイムス住宅新聞社インターンシップ奮闘記〜

株式会社タイムス住宅新聞社
インターンシップ奮闘記〜

株式会社タイムス住宅新聞社にインターンシップ体験中の沖縄国際大学、屋嘉比と上江洲です。

もともとマスコミ関係の仕事に興味があったことと普段の生活で体験できないことや何気なく目にしている新聞がどのように出来ているのか興味があったからです(*^_^*)

DSC_0048b

普段使わないイラスト機能のパソコンになれるため、イラストの作成から始まり、地図・広告作成の練習から住宅新聞社の歴史、新聞の記事の配置、写真の配置、見出しの付け方、出来上がったものに間違いがないか何度もチェックする作業や文の間に読みやすいようにイラストを入れる工夫や色、文字の大きさの調整などを教えていただきました。新聞の様々なことを教えていただき、読者の方々を考えて制作していることを知りました。

DSC_0016

お昼休みには、様々な部署の方々と仕事のやりがいや大変さから日常のニュースや芸能人のことまで緊張している私たちに話してくれる温かくフレンドリーな方々です♪
仕事場の雰囲気もよく社員の方も優しく接してくれます。バルコニーもあり凄くおしゃれです。

そして・・・

ん?これは??

DSC_0056

なんとこんなところにグッピー!!癒やされます♪
なんとこんなところにグッピー!!癒やされます♪

★沖縄タイムス社 浦添印刷センター見学★

DSC_0063
インターンシップの一環で沖縄タイムス社の印刷センターの見学に行きました。印刷センターでは、新聞を印刷する用紙1つが1トンもある巻紙がいくつもあり、毎日約16万紙をも新聞が発行されていました。大部分を機械が作業を行っているが細かい作業は手作業によって行われていました。また、雨の多い沖縄らしく本土とは違いカバーを厳重にするなどの工夫がされていました。新聞が印刷され一枚の大きな紙から1紙になるまでの貴重な見学をさせていただき本当に感謝です!!

なかでも感動したのは、新聞が出来上がったものをコンベアにのせて天井を伝って運ばれていたところがテレビで見たことある場面だったので感動しました(笑)(^o^)


★一週間社会人と交えての感想★

あらためて社会人はすごいと感じました。読者のことを考えひとつひとつ行動しミスがないようにいろんな人が一つのものを何度もチェックするなど仕事に対する責任感、向き合う姿勢がかっこいい!!
そんな素敵な方々を手本にこれから残りのインターンシップを頑張っていきます!!

★普段の生活とのギャップ★

普段の遅寝遅起から早寝早起きに変わり、肌の調子が凄く良くなりました(笑)服装も、ジーパンやTシャッからスーツに替わり服装だけで身が引き締まる思いです。普段は同年代の人としか関わらず話題も趣味も同じ人としか関わっておらず今回社会人の方々と関わり自分の視野の狭さに気づけました。

〜コラム作業の大変さについて〜

普段何気なく書いているブログだが、今回は読みやすい文字の分量を考え,
どんな写真が面白いかなど相手のことを考えながらの作業は難しかったです。


いつもお世話になっている安里部長との2ショットで♪
いつもお世話になっている安里部長との2ショットで♪

ブログ作成者:屋嘉比
<タイムス住宅新聞社 制作部監修>

月別アーカイブ

ライター