沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

リビングに居場所【住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ】

-5-

住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ
家族が集うリビングに居心地のいい居場所があると、自然にコミュニケーションも取れる

「リビングに居場所」

執筆者/宇津﨑友見

 子どもたちへの住育講義のとき、ある質問で子どものコミュニケーション力を知ることができます。「家の中で居心地の良い場所はどこですか?」と聞いて「リビング」と答えた子は、コミュニケーション能力が高いです。そんな子どもたちは、家族が集うリビングにちゃんと自分の居場所があります。例えば、帰ったらここ(定位置)に座っておやつを食べて、宿題をするなど・・・。 
 では、あなたはいかがでしょうか? リビングにホッとできる場はありますか? 実はLDKに居心地の良い場所を作るだけで、家族関係が大きく変わってきます。そして、これから一番必要とされるコミュニケーション能力が確実にアップしていきます。
 面白いデータをご紹介します。母子家庭向けのシェアハウスを何件も経営している友人がいるのですが、仲良く暮らすシェアハウスと問題が起きるシェアハウスがあると言うのです。友人は、ずっと地域性や入居者の生い立ちが違うことが原因だと思っていました。しかし住育を学び、原因は間取りにあると気付いたのです。
 仲良くなるか不仲になるか? その違いは、実はLDKにあったのです。オープンキッチンの家だと皆が順番に食事を作って仲良くなりました。しかし孤立しているキッチンの家は皆、外食ばかり。その上、隣の部屋がうるさいだのゴミの出し方が汚いなど入居者間のいろいろな問題が多くなる。住まいのあり方で人はこんなに変わるのですね。友人は現在、住育リフォームを考えています。
 住育が大切にしているのは、自然にコミュニュケーションが取れること。それには、家族の顔が見えて気配を感じられること、人が集う場所を居心地良くすることが大切です。居場所があることが、居心地の良さにつながります。お気に入りの椅子やソファがあるなど、あなたの家のLDKは皆が楽しく会話できるようになっていますか?

住育アドバイザー・宇津﨑友見さん

宇津﨑友見(うつざき・ともみ)
(株)ミセスリビング代表取締役社長。建築士、住育アドバイザー。母、妹と全国各地で住育セミナーなども開く


▼(株)ミセスリビング ホームページ
 http://mrs-living.co.jp/
▼一般社団法人 日本住育協会 ホームページ
 http://jyuiku.net/
▼ブログ
 http://www.jyuiku.net/blog/

▼関連記事はこちらから


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1547号2015年8月28日紙面から再掲載」

月別アーカイブ

ライター