沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

FPが指南 私にピッタリ!住宅ローン選び(3)

FPが指南 私にピッタリ!住宅ローン選び
オンライン上で契約や変更手続き

 インターネットを利用していると目に付くネット系金融機関の広告。その金利の低さに驚かれる方は多いでしょう。インターネット上での取引を主力とすることで最大限までコストカットし、その分金利やサービスに特化したネット系金融機関や、他業種と連携したサービスの提供が可能な金融機関など、そのあり方も多様化。ここ沖縄でもその恩恵に授かることが可能です。今回は沖縄県内で直接対面して商品説明が受けられるネット系金融機関をご紹介します。

充実したサービスが魅力【イオン銀行】

 イオンモール沖縄ライカムのオープンとともに県内初開業し、一気に認知度が高まったイオン銀行。オンライン上での取引はもちろん、支店では毎日夜9時まで土日も営業しているので、仕事帰りや休日でも支店での相談が可能なのが心強い。
 推しは変動金利と10年固定金利商品。契約時の金利引き下げ枠が完済時まで続くことで、お得に返済することができる。また住宅ローンとは別に契約時の諸費用や引っ越し費用に利用できる諸費用ローンも用意されており、自己資金が心細い人でも安心。住宅ローンの借り換えにも積極的に対応しており、HP上で詳しいシミュレーションが簡単に行える。
 団体信用生命保険は無料で付いており、金利に0.3%上乗せすることで8疾病保障の特約を付加することもできる。
 住宅ローン契約者限定で発行されるイオンセレクトクラブカードは、イオングループでのお買い物が毎日5%OFFになったり、WAONのチャージポイントが貯まりやすくなるなど、生活に密着した特典が盛りだくさん。

<こんな人におすすめ>
○初期費用のサポートが必要な方
○日々の生活でのお得情報が大好きな方


ネットに強く金利に敏感な人に【ソニー銀行】

 オンライン上はもちろん、県内在住のソニー生命のライフプランナーを介して直接商品説明を受けることも可能なソニー銀行。
 変動金利商品をはじめとする住宅ローン商品では、手数料の支払い方法や自己資金の準備額でさらに金利が引き下げられるお得なものも。変動金利と固定金利を複数選択できるMIXタイプの借り方も人気。
 繰り上げ返済手数料や団体信用生命保険、契約時の保証料は無料。また他金融機関から手数料無料で自動入金設定が可能なので、給与振込口座が他金融機関でも安心。申し込みから借り入れまでの対応は専任のローンアドバイザーが担当してくれるのも心強い。
 オンライン上でのネットバンキングでは返済状況の確認も可能。また変動から固定、固定から変動へと金利タイプの変更も何度でもできる。適用金利の発表のタイミングは前月中旬となっているため、金利の変化に敏感に対応することができる。

<こんな人におすすめ> 
○金利の上下に敏感な方
○自己資金の準備がしっかりできている方


県内で利用できる金融機関等の特徴(順不同)

沖縄県内で利用できる金融機関等の特徴


 地銀をはじめとする金融機関でもオンライン上での残高確認や振り込みが可能なネットバンキングサービスが展開されています。今回紹介したネット系金融機関は、そのサービスをさらに拡大したもの。オンライン上で住宅ローンの契約から返済内容の確認、繰り上げ返済等も行えます。ただしネットセキュリティーの発達によりある程度の被害は避けられるものの、IDやパスワードの管理等、自己責任がともなう取引でもあります。
 「分かりづらい」「ネットの取引はなんだか不安」などの声も聞こえてきますが、せっかくお得な住宅ローン商品やサービスがあるのなら利用しない手はありません。

本連載は今回で終了します。

▼関連記事はこちらから


(株)エレファントライフ代表の友利真由美さん(宅地建物取引士、FP技能士2級、相続診断士、住宅ローンアドバイザー)

執筆/友利真由美(ともり・まゆみ)
(株)エレファントライフ代表、宅地建物取引士、FP技能士2級、相続診断士、住宅ローンアドバイザー


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1551号2015年9月25日紙面から再掲載」

月別アーカイブ

ライター