沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

金城真知子の「沖縄で、暮らす・はぐくむ」<12>

金城真知子の沖縄で、暮らす・はぐくむ
第3子を出産して・・・

沖縄の風も、少しだけ涼やかさを感じさせた9月の中旬。無事に3人目を出産した。
臨月に入ってすぐに、前駆陣痛(陣痛に似た痛み)やオシルシ(出血)があったので、予定日の1カ月も前から「明日には産まれるはず~」なんて言っていた私。結果的には、その日を過ぎてもなかなか出てくる気配がなくて、家族中を「マチカンティ~」させた、のんびりマイペースな赤ちゃんだった。

そして、いざ出産となると分娩(ぶんべん)室に入って15分ほどで「すっぽ~っっん!」と勢いよく誕生! 助産師さんも褒めてくれる超・安産で、この瞬間から、艶のいいピンク色の女の子がわが家の一員になってくれた。

生まれた瞬間
うふやし~小(ぐゎ~)
 
赤ちゃんのころから、やっぱり個性があるんだろうか。この子は、入院中も「おなかがすいた!」「おむつ替えて~」以外は、スヤスヤ寝てくれている。退院後、上の子二人が元気にはしゃいでいてもちょっとの事では起きないし、おじいちゃんおばあちゃんが来た時も、穏やかな笑顔で寝ているもんだから、
「『ま~さ、ま~さと寝んと~ん』って、まさにこの事だね!」と、健やかに眠る赤ちゃんを表現するウチナーグチ、「おいしい物を食べた時のような、幸せな表情で寝ている」という言葉を教えてくれた。

そして、おとなしくて育てやすい、親思いの赤ちゃんを指す「うふやし~ぐゎ~」という言葉も飛び出してきた。そういえば、5年前、長女の時も聞いたような…。なんだか懐かしい響きである。家の中に赤ちゃんがいると、世代を超えて自然と家族の会話が広がっていくのを実感する。

子 一人産しぇ~、片手 失ゆん。二人産しーねー、両手失ゆん
(クヮ チュイナシェー カタティ ウシナユン タイナシーネー リョウティ ウシナユン)
 
ちなみに、沖縄にはこんな子育て黄金(クガニ)言葉がある。
『子 一人産しぇ~、片手 失ゆん。二人産しーねー、両手失ゆん』(子どもを一人産めば、片手を失ったように不自由になり、二人産めば、両手を失うほど不自由になる)。それだけ、子育ては大変なものなんだよ~という内容である。
 
この格言通り、実際ワーキングママとして二人を育てる私は、毎日時間に追われていた。ふとした瞬間に「ちゃんと子どもと向き合えているのかな」「寂しい思いをさせてしまってないかな」「これまでのように、しっかり仕事ができているんだろうか…」等、迷う事もある。

乳幼児のいる生活は、自分のために使える「時間」が、絶対的に減ってしまうし、生活のリズムがいや応なく子ども中心になる。今回も、三人目を授かった事が分かった瞬間、喜びよりも先に当時の記憶が頭をかすめて不安になることもあった。

でも、産まれてみると不安はどこへやら。まったく影さえも見えないほど、赤ちゃんがかわいくてタマラナイ!
何より、子どもたちが赤ちゃんをかわいがってくれて、出産で疲れた私の体まで気遣ってくれる。たった数日のうちにお兄ちゃん、お姉ちゃんに成長して、これまでママが頑張ってきたのが、今では、夫を中心として「家族全体がチームになってきた」感じである。
 
ミルクをあげる長男
パパとお風呂

そうそう・・・
先ほどの「子 産しぇ~」の格言には続きがあって、
「あんしが、三人目から 片手~みーてぃちゅーん(3人目からは、もう片方の手が出てくる)」。上の子が手伝ってくれるようになるから、三人目からは子育てが楽になるよ! という意味のようだ。

 まさに、その通り! やっぱり先輩方の言葉はすごい! 
女性1人が生涯に産む子どもの推定人数を示す合計特殊出生率が昨年1位の沖縄県でも1.94(全国平均1.4台)という事から考えると、今のご時世、3人目を持つことは経済的にもかなり勇気がいる選択だ。それでも、子どもを三人授かれた事で分かった家族の変化や成長は、私の大きなパワーになっている事は間違いない。

妊娠中、三人も産んでちゃんと育てていけるのか不安になっていた私に、
「子どもはやーにんじゅ、みんなで育てるものだから、大丈夫よ~(子どもは親だけじゃなくて、家族みんなで育てるものだよ)」と母親がかけてくれた言葉。

これからも、ウチナーの先輩方からの「子育て黄金言葉」に支えられながら、育児を楽しんでいこうと、私は思っているのだ。

長女と次女


▼金城真知子さんのコノイエコラム
沖縄で、暮らす・はぐくむ 関連記事

金城真知子の「沖縄で、暮らし・はぐくむ」

この記事のライター

金城 真知子

フリーパーソナリティー

金城 真知子

1979年、南城市佐敷出身。
琉球大学法文学部を卒業後、RBCiラジオ、FM沖縄を中心にラジオパーソナリティーを務めるほか、ウエディングの司会も手掛ける。FM沖縄の番組「ちゅら玉・浪漫紀行」では、ライター兼ナレーターを担当。沖縄の黄金言葉(格言)や自然、習慣などを題材に800本以上のショートストーリーを作成した。印象評論家・重太みゆき氏の下で学び、2014年から認定トレーナーとして「M.snowⓇスマイルトレーニング」を毎月開催。2児の母。
 
ウェディング司会者:金城真知子 HP
http://kinjomachiko.com
 
沖縄で、笑顔の種まき・ブログ
http://egaookinawa.ti-da.net

月別アーカイブ

ライター