沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

普天間イオリの「オキナワ女子LIFE」<13>

沖縄は女性が働きやすい場所か?

わたしはライター、コラムニストとしての仕事以外にも企業や商品のPRやアーティストのプロモーションなど、あれこれといろんなことに節操なく手を出している。今年から新しく始めた仕事のうちの一つに「起業支援キュレーター」がある。

業務内容は主に、若者や女性を対象に起業を目指す人々の相談に乗るというもので、拠点とする浦添市・結の街を訪れる相談者にアドバイスをしたり、セミナーを企画している。
人生初の講師という経験をして、緊張で倒れそうになったのもつい先月の話。

普天間イオリさんが講師を務めるセミナー

【AD】沖縄県浦添市で新築 貸アパート・貸マンションをお探しの方はこちらへ

ようやく仕事に慣れてきた今感じるのは、同年代の女性たちの豊富なアイデアとパワー。
今まで沖縄になかった斬新なビジネスモデルや、画期的な資金調達の手法を一緒に考えているうちに、なんだかこちらまで活力がみなぎってくる気がする。

さらに、これまで気付かなかったことに気付かされることも多い。
それは「女性が働きやすい場を作るのも女性」ということ。
たとえば、女性が打ち出すビジネス案は同じ女性がターゲットとなるものが多いと感じる。その一方で、仕事に関する悩みに女性が関わってくるケースも決して少なくない。
社会問題になっているマタニティーハラスメント(マタハラ)も、男性ばかりでなく、同性の上司や同僚から受けることもあるという。年上の女性から「わたしのときは、子どもがいてもこのくらいの仕事は余裕でこなしたわよ」と指摘されると、同じ立場を経験している相手からの言葉だけに、男性から言われるよりもむしろこたえるのだとか。

沖縄の家庭は共働きが多いといわれるが、子育てと仕事を両立するためには、家族だけでなく周囲の協力が必要不可欠。
昔からいわれる「ゆいまーる」の精神で、女同士助け合いながらいい環境で好きな仕事ができるようにしていけば、沖縄の経済だってもっと良くなるはず。改めてそんなふうに思う。

futenmai1125a

ところで、女同士だと、真面目なビジネスの話をしていたはずが、いつの間にか合コンや食べ物の話題に移り、気付くと何時間もおしゃべりしているなんてこともしばしばあって、それもまた楽しかったりする。


▼普天間イオリさんのコノイエコラム
関連記事はこちらから

普天間イオリの「オキナワ女子LIFE」

この記事のライター

普天間 イオリ

ライター/コラムニスト

普天間 イオリ

中城村出身。東京でファッション誌などの制作に関わり、沖縄へ戻ってからも新聞、雑誌、ウェブなど様々な媒体で記事やコラムを執筆。OTV「ウィン♪ウィン♪」はじめテレビ、ラジオ、雑誌などに多くのレギュラーを抱える他、沖縄唯一のボーイズアイドルグループ「KRAZY BOYZ」のプロデュースも手がける。
http://duffo.ti-da.net/

月別アーカイブ

ライター