沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

ウチナー御願ばなし<沖縄の祈りの世界>

-23-

 沖縄独自の御願行事、火ぬ神(ヒヌカン)や屋敷の御願などはやり方や意味が分からなくて悩んでいる人は多いはず。その由来や実践方法まで、沖縄の歴史、民族に詳しい座間味栄議さんに教えてもらい、正しい知識を身につけよう!

沖縄の祈りの世界を象徴するオバァの祈り(写真提供/むぎ社)
沖縄の祈りの世界を象徴するオバァの祈り(写真提供/むぎ社)

沖縄の祈りの世界

すり合わせる掌(てのひら)

 「君手摩りの百果報事(きみてずりのももかほうこと)」という儀礼がある。
 のっけから聞き慣れない言葉で恐縮だが、本連載もこれが最後、サラリと読み流していただければと願う。
 冒頭に記したのは、簡単にいえば琉球国王の即位儀礼のことである。
 国王の就任儀礼といえば「冊封(さっぷう)儀礼」のことではないかと首をかしげる読者もおられようが、これは中国式の即位儀礼。沖縄風にいえば「君手摩りの百果報事」となるそうな。この方が一段と格式の高い儀礼にも見える。
 沖縄風の即位儀礼のときには、国王の即位を祝福する「キンマモン」(君真物)と称される、国を守護する神が出現するとされている。
 日常とはかけ離れた話となったが、即位儀礼について書くつもりはない。
 ここでいう「君」とは、首里王府の君となれば高級神女ということになるのだろうが、本来的には「神々」を意味しているのだろう。
 「手摩り」というのは、手を合わせ、掌をすり合わせること。ひらたくいえば、我々にとってなじみの「ウートートゥ」することだ。仏教でいうところの「合掌」とは別のことだ。
 「百果報」は、文字通り百の果報、すなわちたくさんの果報、たくさんのいいことがありますようにと祈ることだ。
 神々にむかって手を合わせ、両の掌をすり合わせて「ユガフー」(世果報)を乞い願って祈ることである。ユガフーとは、農作物が豊かに実り、私たちの住む地域が繁栄し、人びとが満ち足りた至福の世の到来を意味する。

祖母から母へ、娘へ

 ここで思い出していただきたいのは、口からこぼれ落ちるウグヮンクトゥバの調子を取るように両の掌をすり合わせて祈るオバァの姿である。両の掌をすり合わせるから背は丸みを帯びてやわらかな曲線を描く。
 その祈る姿は、神々の前であろうと、トートーメー(祖霊)の前であろうと変わらない。
 それはまた、全島各地の村々の祭祀(さいし)で、神女たちが「ユーニガイ」(世願い)、「ユーンカイ」(世迎え)、「ユークイ」(世乞い)など豊年を祈願する格調高い祈りと相通ずるものがあるのだろう。
 神々の前ではひたすらに平安と守護を祈り、祖霊の前では先祖のあの世での幸福(冥福)を願い、クヮッウマガの安寧を念じて「ミーマンティ ウタビミソーリ(見守ってください) ウートートゥ」という言葉を添えてその加護を乞い求めるのである。
 こうした沖縄の祈りの世界は、時代が移り変わる中で変容を遂げながらも村々の祭祀の中で継承されていくのだろう。また、家庭においては祖母から母へ、母から娘へと受け継がれていくのであろう。
 グスーヨー ミーマンティ ウタビミソーリ(感謝)。

1358hp_uchinaugan03
~参考文献~
「沖縄の聖地」。東御廻り(アガリマーイ)と今帰仁上り(ナチジンヌブイ)の神ウガミと開びゃくの七御嶽の聖地巡拝ガイド。

▼関連する記事(ウチナー御願ばなし)


執筆/座間味栄議(ざまみ・えいぎ)
 沖縄県の歴史・民俗を中心に地方出版物を刊行する出版社「むぎ社」を主宰。主な著作に「トートーメーQ&A」「沖縄の拝所」「オバァが拝む 火の神と屋敷の御願」など。御願行事について、やさしく伝えるサイト「御願ドットコム」も運営する。
http://www.ugwan.com/


<ウチナー御願ばなし>
毎週木曜日発行・週刊ほ〜むぷらざにて連載<第1442号2015年3月5日より再掲載>
本連載は今回で終了

月別アーカイブ

ライター