沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

泡瀬バス停が語る まちの記憶(沖縄市泡瀬)

「泡瀬バス停が語る」 まちの記憶 Vo.20

3つの「泡瀬」に戦後の混乱の跡

今回は、沖縄市東部に位置する、「泡瀬」のバス停を取り上げます。区画整理された幅の広い道が真っすぐに延びている印象が強い泡瀬地区ですが、この泡瀬バス停がある辺りは、昔ながらの細く緩いカーブを描く道が延びています。

 さて、この泡瀬のバス停ですが、漠然と沖縄市の東海岸に位置すると捉えると、一見何の変哲もありません。日ごろ、泡瀬として示す位置からすればやや北寄りの場所で、埋め立てや区画整理が行われ、地域が変わる中で、示す場所が変わったのだろうと考えていました。新しい道が通り新たな商業施設ができる一方、バスが走る道は昔ながらの道であるのも、そのように思える要因でした。古い集落と新しい街、よくある地域が変化した構図であろうと考えていたのです。
 泡瀬バス停の周辺をよく見ると、この場所が桃原3丁目であるとの表示がありました。これもよくある話ですが、既存の字名を住居表示を実施した時に、この場所が桃原に組み入れられたのかとも思えました。しかし、この泡瀬バス停の前後のバス停名をよく見ると、少し不思議な事実に気づきました。
 泡瀬バス停から北へ3つ先に、「泡瀬二区」というバス停が置かれています。こちらは、泡瀬バス停がある桃原の北隣、古謝に位置しています。一方、南に転じると5つ先のバス停が「泡瀬三区入口」を名乗っており、こちらは住所も泡瀬です。つまり、北から順に、泡瀬二区、泡瀬、泡瀬三区入口というバス停が、それぞれ古謝、桃原、泡瀬に分かれて置かれており、しかも区の順番も入れ替わっています(地図参照)。
 どうして泡瀬という地名を名乗るバス停の位置が分散し、区の順番も入れ替わったのでしょうか。そのヒントは、戦前から泡瀬の中心に位置していた美津呂の前にある記念碑にありました。碑文には、戦後米軍に接収された泡瀬地区は、1967(昭和42)年から徐々に返還され、戦前の住宅地や塩田、埋め立て地を合わせて区画整理された経緯が記されていました。
 戦争が終わり、生き残った人々は各地域から収容所に集められました。社会が少しずつ落ち着くと、人々は元の集落へ戻りましたが、元々の住まいを米軍に接収された泡瀬の人々は、戻る場所がありませんでした。紆余曲折を経て、桃原、古謝の両集落に分かれて暮らしたのです。
 3つの「泡瀬」を名乗るバス停。その位置をよく見ると、戦後の混乱を生き抜いた人々の姿が浮かび上がってくるのです。

【AD】沖縄市泡瀬で賃貸アパートをお探しの方はこちらから

<1>赤瓦の住宅前にたたずむ泡瀬バス停。手前の道は細いが、車の通りは多く、かつて商店であった建物も残り、にぎやかだった雰囲気の名残がある。少し歩いた所には泡瀬一区公民館も存在する
<1>赤瓦の住宅前にたたずむ泡瀬バス停。手前の道は細いが、車の通りは多く、かつて商店であった建物も残り、にぎやかだった雰囲気の名残がある。少し歩いた所には泡瀬一区公民館も存在する
<2>写真1の住所板をズームアップ。見ると住居表示板で「桃原三丁目」と書かれてあり、泡瀬地区にない「泡瀬」バス停であることが分かる
<2>写真1の住所板をズームアップ。見ると住居表示板で「桃原三丁目」と書かれてあり、泡瀬地区にない「泡瀬」バス停であることが分かる
<3>桃原集落の北隣・古謝集落にある泡瀬二区のバス停。バス停の道向かい、写真左手の付近が泡瀬二区
<3>桃原集落の北隣・古謝集落にある泡瀬二区のバス停。バス停の道向かい、写真左手の付近が泡瀬二区
<4>区画整理された住宅地が広がる泡瀬三区のバス停。最も泡瀬の中心に近い場所が三区となっているのが、戦後の混乱を物語っている
<4>区画整理された住宅地が広がる泡瀬三区のバス停。最も泡瀬の中心に近い場所が三区となっているのが、戦後の混乱を物語っている
<5>戦前からの泡瀬の中心、美津呂の前にある土地区画整理事業の記念碑。戦前のにぎわいや、米軍に接収された戦後、返還後ふたたび新たな街を作り上げた経緯が記されている
<5>戦前からの泡瀬の中心、美津呂の前にある土地区画整理事業の記念碑。戦前のにぎわいや、米軍に接収された戦後、返還後ふたたび新たな街を作り上げた経緯が記されている

【AD】沖縄市泡瀬で賃貸アパートをお探しの方はこちらから

沖縄県沖縄市泡瀬バス停周辺の地図
沖縄県沖縄市泡瀬バス停周辺の地図

<まちあるきライター>
一柳亮太(ひとつやなぎ・りょうた)

 1978年、神奈川県出身。大学で地理学を専攻し、離島に暮らす人々の生活行動を研究。まちや地域をテーマにしたワークショップやプロジェクトを運営する傍ら、まちあるきライターとしても活動。

▼関連する記事<一柳亮太さんがまちあるき


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1388号2012年7月20日紙面から再掲載」

月別アーカイブ

ライター