沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

自分で考え、決める【住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ】

-9-

自分で考え、決める

執筆者/宇津﨑友見

「中学生の息子が、自分で持ち物や身の回りのことを管理できるようになる方法はないでしょうか? 机周りは何度片付けても散らかり、探し物や忘れ物も多いです。アパート住まいなのですが、住育の視点から解決法があれば教えてください」
(宜野湾市 Nさん)

ご質問ありがとうございます。片付けが苦手な人たちに共通するのは、①きれいな部屋の状態がイメージできていない、②片付かない状態を実は心の中では満足している。そのどちらかです。そして子どもの場合によくあるのが、収納を親が考えていて子どもには難しい方法になっていること。つまり、その子に合った収納法でないということです。
 片付けの習慣をつけるにはまず、「どんな部屋の状態にしたいのか」を息子さんに明確にしてもらいます。そして、「どうしたらその状態を保てるか」を自分で考え、決めてもらいます。これは幼児でも同じ。親が強制するのではなく、どんなに幼くても「これ、どうしたら片付けられる?」と聞いて、相談して決めることが大切です。自分で決めたことは、親の言う事よりも守ろうとしてくれますからね。まずは収納のアドバイスをするより、聞き上手になってみてください。
 目指す状態がイメージできたら具体的な行動を考えてもらいますが、このとき「どうしたら?」という問い掛けをお母さんが優しく笑顔で繰り返すことで、びっくりするほどすてきなアイデアが出るケースは多いです。例えば、パンチを常に見えるところに置いたことですぐにファイリングする習慣が付き、プリントの山を解消できた。前日に時間割を準備し、朝、もう一度確認することで忘れ物がなくなったなど。子どもの頭の中を整理することがスッキリ快適なわが家につながります。
 住まいは良き家族関係を生み出す場であり、健全な生活習慣を身につける場です。息子さんに片付けの習慣がついて、親子で毎日の暮らしをもっと楽しまれますよう応援しています。

小6の娘の勉強コーナー。たくさんのプリントに困った娘は、教科でファイルの色を変える案を考えた。今はいつもスッキリ
小6の娘の勉強コーナー。たくさんのプリントに困った娘は、教科でファイルの色を変える案を考えた。今はいつもスッキリ

住育アドバイザー・宇津﨑友見さん

宇津﨑友見(うつざき・ともみ)
(株)ミセスリビング代表取締役社長。建築士、住育アドバイザー。母、妹と全国各地で住育セミナーなども開く


▼(株)ミセスリビング ホームページ
 http://mrs-living.co.jp/
▼一般社団法人 日本住育協会 ホームページ
 http://jyuiku.net/
▼ブログ
 http://www.jyuiku.net/blog/

▼住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ
<18>可視化し見守りやすく
<17>料理、片付けがしやすいキッチン
<16>キッチンで分かる夫婦の仲良し度
<15>キッチンで分かる夫婦の仲良し度
<14>家族が集う「リビングダイニング」
<13>誰もが使いやすい温かな「玄関」
<12>家族の位に合わせて
<11>したい暮らしが軸
<10>自分で入浴、排せつ
<09>自分で考え、決める
<08>子どもは王様?
<07>死角ゼロは自立に
<06>写真で住育力アップ
<05>リビングに居場所
<04>LDKに見る力関係
<03>玄関は社会との扉
<02>夢マップで視覚化
<01>どう暮らしたい?


毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1568号2016年1月22日紙面から転用」

月別アーカイブ

ライター