沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

本村ひろみの「おきなわ 暮らし散歩」<16>|コノイエプラス

陽だまりのハローちゃん

『陽だまり』

古い映画を見ていたら、エンディングで流れてきた曲に
なんとも言えない懐かしい気持ちになった。
1983年のヒット曲
映画「トッツィー」の主題歌
スティーブン・ビショップが歌う「“It Might Be You” (君に想いを)」
陽だまりの匂いのするメロディー。
繰り返される“All of my life”という響き。
居心地のいいソファに身を沈めているようなぬくもりの曲。
しばらく目を閉じて音に浸ると、33年前にタイムスリップした。

国際通りにあった大好きな映画館。
国映館のアプローチはタイルの敷かれた半円形で
右手にチケット売り場。中に入るとすぐにポップコーンの匂いがした。
寒い日は映画館。
木製の黒い革張りのドアと赤いシート。
一番後ろの列の真ん中に座る。
入れ替えがなかったから何時間も同じ映画を見た。

自分の座っているシートだけが
スポットライトを受けているように浮かび上がる。
泣いたり笑ったりときめいたり。切なくなったり。
そこだけが温かく幸せに満ちている陽だまりのように。
私のいた場所。

真綿に包まれている追憶のかたち。

motomura20160211b

【PR】那覇市で賃貸アパートをお探しならコノイエプラス

今年2度目の寒波が到来した日
東京都庭園美術館で開催されている
「ガレの庭 花々と声なきものたちの言葉」に出かけた。
指先も凍える寒い日、すべての神経が研ぎ澄まされていく。
凛(りん)とした空気を肌に感じながら、目黒の駅から
白金台にある旧朝香宮邸までの道のりを歩いた。

空を覆う大きな木々。
緑深い庭園にアールデコ様式の建築。
そんな庭園美術館で企画された
アール・ヌーボーの立役者、エミール・ガレの作品展。
植物や昆虫をこよなく愛したガレのガラスの作品や
スケッチを鑑賞しながら時々、庭園を望む。
庭に面したテラスには休憩用の椅子が置かれていて
柔らかい日差しを受けているそこは、まるで陽だまりのよう。

motomura20160211f

ギャラリーカフェの大きなガラス越し
気づくと白梅が花開いている。
甘酸っぱいフルーツティーを飲み干したら
春の香りがする庭を歩こう。

motomura20160211g

2月
風が強く冷たい日も
心の中には自分だけの陽だまりがある。
甘くふわふわとした心地よい陽だまりが。
だから
また新しい一歩を踏み出していける。

motomura20160211e

今日はいつものあのベンチで
新しい季節を感じています。
「君に想いを」を聞きながら。


本村ひろみさんのコノイエコラム
おきなわ 暮らし散歩 関連記事

本村ひろみの「おきなわ 暮らし散歩」

この記事のライター

本村 ひろみ

フリーパーソナリティー

本村 ひろみ

那覇市出身。清泉女子大学卒業。
ラジオやテレビのレポーターを経て、ラジオのパーソナリティ、式典や披露宴、イベントなどの司会として活躍中。現在、ラジオ沖縄「GO! GO! ダウンタウン国際通り発」「プラチナ世代の活き方革命」でパーソナリティーを務める。沖縄県立芸術大学大学の修士課程を修了。英国サリー芸術大学に留学し、ファッション・デザイン課マスターコースで学んだ経験を生かし、デザインやイベントのプロデュースにも携わる。
http://cats007.ti-da.net/

月別アーカイブ

ライター