沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

今だからこそ畳が好き!【コラム・オキナワ女子LIFE】

普天間イオリの「オキナワ女子LIFE」<17>
今だからこそ畳が好き!

今年に入ってから実家を出て、那覇市内のマンションで生活している。

部屋のひとつに和室があり、遊びにきた友だちには「いまどき珍しいね」と言われたりもするけれど、この和室は私にとってマストな空間といっていい。

畳の香りや触れた感じが好きで、実家でも自室は和室だった。

さすがに高校生くらいになるとベッドに憧れて畳の上にベッドを置いたけど(笑)、今になるとやっぱり洋風の部屋よりも和の空間のほうが落ち着く。

さらに言うと、布団ではなく畳に直接座ったり、寝そべったりするとかなりリラックスできる。

futenmai0327a

近ごろは食堂やそば店でもテーブルに椅子が使われるところが多く、畳の感触を忘れてしまいがちな人も多いのでは?

たまに畳の上でゴロゴロしてみると、案外、気持ちがすっきりするかもしれない。だって日本人だもの。

昨年、ふらりと立ち寄った飲食店で使われていた畳縁(へり)がミンサー織の柄で、かわいいなと思い調べてみて、沖縄独特の絵柄を使った「沖縄畳縁」の存在を知った。

畳縁とは文字通り畳の縁であるが、昔は身分によって縁の柄が決められていたそうだが、今はもちろん好きに選ぶことができる。

特徴の薄い畳で唯一といっていい個性を表現できる場所だ。

futenmai0327b

【PR】沖縄県那覇市で賃貸アパート・賃貸マンションをお探しの方はこちらへ

futenmai0327c

ミンサー織だけでなく、シーサーやゴーヤーといろいろな柄があり、色合いもさまざま。

キャラクターや動物を模したものもあるそうで、これは保育園などで使われているそう。

これまでほとんど気にしていなかった畳縁をちょっと気にしてみると、場所によって柄もさまざまでおもしろい。

こういう小さな箇所に目を向けることで、生活が楽しくなる気がする。

自宅の畳縁は緑色の花柄なのだけど、外出先で違う色や柄を見ると「これいいな」と思ったりもする。

スマホカバーのように手軽につけ替えられたらいいのだけど。

あなたのおうちの畳縁はどんな柄ですか?


▼普天間イオリさんのコノイエコラム
関連記事はこちらから

普天間イオリの「オキナワ女子LIFE」

この記事のライター

普天間 イオリ

ライター/コラムニスト

普天間 イオリ

中城村出身。東京でファッション誌などの制作に関わり、沖縄へ戻ってからも新聞、雑誌、ウェブなど様々な媒体で記事やコラムを執筆。OTV「ウィン♪ウィン♪」はじめテレビ、ラジオ、雑誌などに多くのレギュラーを抱える他、沖縄唯一のボーイズアイドルグループ「KRAZY BOYZ」のプロデュースも手がける。
http://duffo.ti-da.net/

月別アーカイブ

ライター