沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

古民家移築プロジェクト始動【亀谷明日香の紅型ばかりやっている自由な嫁の自由な日記】

亀谷明日香の紅型ばかりやっている自由な嫁の自由な日記【vol.3】
古民家移築プロジェクトの始まり
文・写真/亀谷明日香
虹亀商店 店主


前途多難、かも…?
家づくりはまだまだ始まったばかりの亀谷家。

まず最初にたちむかわなければならなかった困難は、「家の脇の水路が噴水状態」だったことは、前回書いたお話

噴水状態の原因は、うちの土地の脇あたりで、ちょうど、山からの水の流れがつかえてしまうような水路の形にあった。

普段はいいのだが、雨で増水すると、流れきれない雨水が溢れてしまうのだ。

自分たちでなんとかする方法はないかと、水路の形を変えることを試みてみたり、水路の上に蓋のような壁面を作ることで水がスムーズに下に流れていくようにしようとした。

が、どれもそこまで効果はなく…。

亀ちゃんが、地主さん、区長さん、こういうとき頼りになりそうな友達など、ぞろぞろとひきつれて、なんども役場へ足を運び、状況を説明して相談した日々、一ヶ月ほど。

役場が対処してくれ、少し大掛かりな工事をしてくれることが決まった。

家づくりの行程の中でも、最初の頃は特に、役場へ相談に行くことが多かった。

1日何度も、資料を作っては役場へ持ち込んでみてもらうことを繰り返していた。

普通は業者さんに頼んでやってもらう部分を、全部一から自分でやる。知らないことの勉強から始まる。私は端から見ていただけだけど、本当に大変そうだった。

「いろんな分野にそれぞれ専門業者がいるわけがわかった。全部自分でやるのは本当に大変」と、亀ちゃんはこの頃、いつも言っていた。

さて、そうやって、土地に家を建てる手続きをするのと並行して、どんな家を、どうやって建てようか?

毎日考えていた亀ちゃん。

自分たちに、どんな家が建てられるのか? 技術だって予算だってあまりあるわけじゃない。その頃考えていた方法は二つあった。

ひとつは、中古のコンテナをいくつか組み合わせて、それをもとに家をつくっていく方法。

もうひとつは、ドームハウスという、土嚢袋を積み上げてかまくらみたいな形に家を作っていく方法。

nijikame201604a

【PR】沖縄県南城市で賃貸アパート・賃貸マンションをお探しの方はこちらへ

コンテナは、いいものが見つかったので購入を決めて、まだ何もなかった土地にとりあえず設置をすることにした。

ドームハウスも、日本で実践している方と連絡を取り、作り方を習いに行こうかと話をしていた。

そんなとき、面白い話が舞い込んできた。

北中城のほうに建っている、築50数年の古民家を近々取り壊し、新しい建物を建てようとしている人が、その古民家を引き取ってくれる人を探しているということだった。

「おもしろそう!!それ、やってみよう!!」ということで、その古民家を、安い値段でお譲りいただくことに決めた。そして、私たちの家づくりは「古民家移築」という形でスタートすることになった。

古民家移築が決まって最初にする作業は、北中城村の現場へ行って、家をバラバラにすることだった。瓦の一枚一枚、柱の一本一本、全てバラバラにして運び出す作業。
そのときに最も注意しなくてはならないことは、元の状態がどうだったかをしっかり記録して記憶しておく事。どの木材とどの木材がどうつながっていたか、瓦はどのように固定されていたかなど、全てノートに書き留め、番号を振り印をし、今後ちゃんと使えるように慎重に解体し、軽トラックに積む。

nijikame201604b

【PR】沖縄県南城市で賃貸アパート・賃貸マンションをお探しの方はこちらへ

北中城と知念を1日何往復もして、少しずつ運び出していった。「ちょうど高速が、無料期間だったんだ。それは本当に助かった」と、亀ちゃんは今でも嬉しそうに話す。解体して運ぶ作業、これだけでも一ヶ月以上かかっていた。

その頃私はというと、何もない泥だらけの土地にぽつんと建ったコンテナを仮店舗にし、虹亀商店を必死でやっていた。ちょっとずつ運び込まれる木材の山が、日に日に大きくなっていくのを窓から眺めながら。なんせ、家づくりプロジェクトが始まってから、頼りないながら私は一家の大黒柱になったのだ。

その頃虹亀商店に来てくれたお客さんは、窓の外の景色が工事現場そのものだったのを見ていて、来るたびに少しずつ進化していく景色を面白がってくれていた。

6年が経過した今ではその景色に、生活感たっぷりの私たちの家が建っている。

続きは次号!


▼関連する記事
 ・【5】台風の季節の拾い物
 ・【4】賑やかな大家族暮らし
 ・【3】古民家移築プロジェクトの始まり
 ・【2】え!自分たちで住む家を造りたい!?
 ・【1】うちの亀ちゃんはなんでも屋!


亀谷明日香

東京都出身
1996年:沖縄に惚れ込んで移住。
沖縄県立芸術大学にて紅型を4年間学ぶ。
在学中から紅型作品、土産物等を作り、販売を始める。
2009年、紅型雑貨屋「虹亀商店」を沖縄本島南部の南城市知念にてオープン。
四児の母として子育てをしながら、日常にある沖縄の自然に日々感動し、染めています。

虹亀商店

〒901-1512 沖縄県南城市知念字吉富サウジ原335-1
電話=090-8293-1138
http://www.k5.dion.ne.jp/~nijigame/

ブログ
『紅型雑貨 虹亀商店』
http://nijigame.ti-da.net/

<コノイエ+プラス・コラム2016年4月5日公開>

月別アーカイブ

ライター