沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

台風の季節の拾い物【亀谷明日香の紅型ばかりやっている自由な嫁の自由な日記】

亀谷明日香の紅型ばかりやっている自由な嫁の自由な日記【vol.5】
台風の季節の拾い物
文・写真/亀谷明日香
虹亀商店 店主


雨に濡れた、月桃の花が美しい季節。
梅雨入りして、不安定な天気が続いている今日この頃。
ずっと降り続くわけではないのだけれど、突然ザーッと降り始める雨に慌てて洗濯物を取り込む毎日。
すっかり蒸し暑くなって、最近、活発に活動を始めているのは、庭にいる虫や生き物たち。
家の壁には、キャッキャッキャッと元気に鳴き始めたヤモリの姿。
昼間、子どもたちが庭でよく見つけてくるのはナナフシ。若いのは瑞々しい黄緑色、歳をとったのは茶色くカサカサした枯れ枝のよう。一見して虫とは気づかないナナフシを、うまく見つけて私に見せにくる。
コクロアナバチも、この時期になるとあらわれる。木の扉や、子どもの木のおもちゃなど、家中のあらゆる木の穴に巣を作ろうとする。
風呂場の窓を開け放っていると、ナメクジが外から入ってきて、タイルの上を這う。
夜になると、雨上がりの湿った庭にふわりととぶ、ホタルの光を見つける。
そして昨日、今年初の、ウマオイが家の中に登場!
子どもたちと、「ウマオイの時期になったね!」と大騒ぎ。
最初にあらわれた一匹には、「ようこそ、1年ぶりだね」という特別な気持ちになる。
この家に住んでいると、虫たちや植物から、季節の移り変わりを感じることができて本当に面白い。

nijikame201606a

【PR】沖縄県南城市で賃貸アパート・賃貸マンションをお探しの方はこちらへ

そして、そろそろ心配になってくるのが台風…。
ここの土地は、まわりに大きな建物などが何もないので、台風のときにはまともに暴風をうけ、毎回恐ろしい思いをする。
しかも、自分たちの手作りの家。三匹のこぶたの家が、オオカミの息で飛ばされる話、のように、いとも簡単に吹っ飛んでしまったらどうしよう…最初の頃は、それが心配でたまらなかった。

家を作っている間の三年間、いくつかの大きな台風に見舞われた。
2011年5月にやってきた台風2号の頃は、ちょうど柱と屋根を立て終わったところだった。
家づくりを始めてから初めての台風に備えて、数日前から徹底的に台風対策。2日間の暴風雨の間は、祈るように様子をうかがうしかなかった。
このときの台風は、この南部地域に直撃したため、被害がとても大きくて、斎場御嶽入り口の電信柱は倒れ、あちらこちらの駐車場の車はひっくりかえり、大きな木が道に横倒しになっていた。
そんな大きな台風だったけれど、
台風明け…私たちの家は、無事だった!!
私たちは、心底ほっとし、喜んだ。
それから、何度か大きな台風がやってきているけれど、今のところ、いつも大きな被害なく乗り越えている。
毎回が、大きな勝負のようだ。

そして、このときの台風2号のおかげで、私は、長年ずーーっと夢に描いていた、「すごく欲しいもの」を手に入れることになる。
それは…大きな木。
家のお庭で、大きな木が枝を伸ばして木陰をつくり
子どもたちが自由に木にのぼって遊び
ブランコやハンモックを吊るしてそれで昼寝をする
そんな風景を、ずっと思い描いていた私。

いつの日か…と思っていたそんな夢が現実に!

nijikame201606c

台風一過、近所の被害状況を見ようと、ドライブしていたその時
近所の国道沿いの大きながじゅまるが、根っこからぶっ倒れて、寝っ転がっているのを見つけた
何日も何日も…そこに倒れたまま、動かされる様子もない。
そこで、そのあたりを管理しているおじさんに、亀ちゃんが聞いてくれた。
あの〜、このがじゅまる、このままなんだったら、もらえませんか?
結果、OK!!

やったあ〜〜〜!ということで、前々から、お世話になっていた、オオシロ樹木さんに相談
うちの庭へ、移植していただくことになった。

nijikame201606d

木はもらえることになったとはいえ、植える為にはやっぱり費用と時間と手間がかかる。
運ぶ為の大きなトラックとクレーン車が出動、
オオシロさんは、土地にしっかり根付いて台風でも倒れないように、丸二日もかけて
しっかりと植えてくれた。

nijikame201606b

そうしてやってきた大きながじゅまるの木。
年齢は、50年以上だそうで、ちょうどこの、家と同じくらいの年齢になる。

台風後のドライブは、そんな思いもよらぬ拾い物があったりして楽しい。
さて、今年の台風は、いつやってくるかな…。


▼関連する記事
 ・【5】台風の季節の拾い物
 ・【4】賑やかな大家族暮らし
 ・【3】古民家移築プロジェクトの始まり
 ・【2】え!自分たちで住む家を造りたい!?
 ・【1】うちの亀ちゃんはなんでも屋!


亀谷明日香

東京都出身
1996年:沖縄に惚れ込んで移住。
沖縄県立芸術大学にて紅型を4年間学ぶ。
在学中から紅型作品、土産物等を作り、販売を始める。
2009年、紅型雑貨屋「虹亀商店」を沖縄本島南部の南城市知念にてオープン。
四児の母として子育てをしながら、日常にある沖縄の自然に日々感動し、染めています。

虹亀商店

〒901-1512 沖縄県南城市知念字吉富サウジ原335-1
電話=090-8293-1138
http://www.k5.dion.ne.jp/~nijigame/

ブログ
『紅型雑貨 虹亀商店』
http://nijigame.ti-da.net/

<コノイエ+プラス・コラム2016年6月1日公開>

月別アーカイブ

ライター