沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

「住育の家」に学ぶ 料理、片付けがしやすいキッチン|住育deハッピーライフ

無駄な動きと物をなくす

「住育の家」に学ぶ 料理、片付けがしやすいキッチン

前回に引き続き、キッチンのヒントをお伝えします。

あなたは料理が好きですか? もし「料理が嫌い、苦手」ならそれは間違った思い込みで、実はキッチンの環境が悪いだけなのかもしれません。チェックしてみましょう(表1)。

【表1】キッチンの環境チェック
□間取り
家族のいる場所から隔離され、孤独を感じませんか?
□環境
温度は快適ですか? 夏は暑く、冬は寒いのは悪い環境
□明るさ
日が当たらない、暗いは悪い環境
□広さ
配膳スペースはありますか?
□収納
必要な物、探し物がすぐに出てくる? 出てこない?
□動線
広過ぎて、食器を出すだけでも行ったり来たりしていませんか?
□キッチンの高さ
低過ぎると腰痛に
□家族の関わり
手伝いをしてくれますか?

家族の誰もがサッと調理や片付けができるのは良い環境のキッチン
家族の誰もがサッと調理や片付けができるのは良い環境のキッチン

私は、今まで住育視点で環境を整えることで次第に「料理が好き、得意」に変わっていく様子をたくさん見てきました。改善までの期間には個人差がありますが、料理が得意になるだけではなく、ダイエットができたり、体調の変化もみられます。

あるご家庭では、配膳スペースを設けるようにリフォームしたところ、フライパンで焼いたり炒めたのが中心だった食事の内容が野菜の煮物やおひたしなどに変わり、家族の健康につながっています。

キッチンは健康の源で、なりたい体を作る場所です。あなたはどんな体になりたいですか? 理想の体を得るための食事づくりが快適にできて、片付けもサッとできる環境がキッチンには大切。そのポイントは無駄な「動き」と「物」をなくすことです。

調理がスムーズにできる

まずは、キッチンでの家事・料理・片付けの「流れ」を考えてみましょう。調理作業では、次の五つがちゃんと確保されていないと不便を感じます。①食材の保管スペース(冷蔵庫の近くが良いですね)②洗う(シンク)③まな板で切る④加熱する(コンロ)⑤配膳スペース。①⑤が取れない場合には、ワゴンや折り畳みのテーブル、棚などを、調理の時だけ台代わりに使うようご提案しています。ただし、その台には絶対に物を置きっぱなしにしないことが鉄則です。

次に、道具が出しやすく、しまいやすい状態にすること。収納次第で、いつも片付いた状態のキッチンになるかどうかが決まります。「収納が少ない」という相談は大変多いのですが、そんなご家庭では、同じ物や使わない物をたくさん持っていらっしゃることがほとんどです。まずは、使うものと使わないものをチェックしながら片付けをしてみませんか? 

整理ができたら、よく使う物は使う場所へ収納することを基本にします。お子さんがいらっしゃるなら、年齢に合わせて収納場所を設けるといいですね。自分で出し入れができる、配膳や片付けまでが習慣になるには子どもに合わせた高さがとても大切です。
 住まい環境を変えると人も、家族関係にも変化が生まれます。まずは、できることから取り入れて、実践していただければと思います。

1595js_house01


住育アドバイザー・宇津﨑友見さん

執筆者
宇津﨑友見(うつざき・ともみ)
(一社)日本住育協会理事長。建築士、住育アドバイザー。京都を拠点に、母と妹、全国各地にいる住育アドバイザーとともに、家族が仲良く、幸せになれる「住育の家」づくりを展開している。

(株)ミセスリビング ホームページ http://mrs-living.co.jp/
一般社団法人 日本住育協会 ホームページ http://jyuiku.net/
ブログ http://www.jyuiku.net/blog/

▼住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ
<18>可視化し見守りやすく
<17>料理、片付けがしやすいキッチン
<16>キッチンで分かる夫婦の仲良し度
<15>キッチンで分かる夫婦の仲良し度
<14>家族が集う「リビングダイニング」
<13>誰もが使いやすい温かな「玄関」
<12>家族の位に合わせて
<11>したい暮らしが軸
<10>自分で入浴、排せつ
<09>自分で考え、決める
<08>子どもは王様?
<07>死角ゼロは自立に
<06>写真で住育力アップ
<05>リビングに居場所
<04>LDKに見る力関係
<03>玄関は社会との扉
<02>夢マップで視覚化
<01>どう暮らしたい?


住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ<16>
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1599号2016年8月26日紙面から掲載」

月別アーカイブ

ライター