沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

発想変えスペースを活用|住育deハッピーライフ

沖縄タイムスさん感謝 夢マップ

発想変えスペースを活用

「住育の家」に学ぶ 趣味空間

あなたはマイホームで、実現したかった夢はありますか?

もっとお金があったら、土地が広かったら…と諦めていたことはないですか?
例えばバースペースやアトリエ、シアタールーム、茶室など、欲しいものはたくさんあるのに、建設会社や建築士さんと具体的に話を進め、見積もりなどの数字を見ると…、諦めるしかないと考える人は多いのではないでしょうか?

でも、諦めるのはまだ早いですよ。もしかしたらその夢が簡単にかなうかもしれません。あなたが、本当にしたかった夢がどうしたら実現するのか? それを考えるのが住育です。

住育の家のお施主さんたちは、建坪6坪から欲しいものを実現していらっしゃいます。ですから皆さん、「敷地の広さは問題ではないのですね」とおっしゃります。考え方次第で、あなたのしたい暮らしの夢は実現できます。その秘密をご紹介します。

1625js_happy01
アトリエスペース
キッチンと浴室の間にある廊下のような小さな空間に、小さな窓をつけてアトリエスペースを作りました。家事の合間にでも、すぐ油絵が描けるようになって趣味が充実。休日は、お孫さんたちと一緒に絵を描いて楽しまれています。

1625js_happy02
バースペース
リビングの一角に棚を決めて好きなお酒を飾り、毎晩、晩酌を楽しまれています。

1625js_happy03
シアタールーム
2階まで吹き抜けになった壁にプロジェクターを使って映写。1階と2階から、まるで映画館のように映像が見られます。家族や親せきが集っては映画を見たり、記念日に撮った動画を楽しまれています!

1625js_happy04
1625js_happy05
お茶室
2DKの狭いマンション。ダイニングの一角にお茶道具を収める棚と、茶釜専用の可動式のキャビネットを設置しました。ご主人や家族はもちろん、来客のたびにお点前を楽しまれています。

1625js_happy06
フィットネスルーム
年を重ねるごとに弱ってくる筋力を強化したいとの希望で設けたスペース。通常は洗濯物干し場ですが、運動器具を置いてフィットネスルームに。休日はお孫さんで混雑します。ある時は野菜のストックルームにもなり、考え方次第で楽しく使えます。

執筆者
宇津﨑友見(うつざき・ともみ)
(一社)日本住育協会理事長。建築士、住育アドバイザー。京都を拠点に、母と妹、全国各地にいる住育アドバイザーとともに、家族が仲良く、幸せになれる「住育の家」づくりを展開している。

(株)ミセスリビング ホームページ http://mrs-living.co.jp/
一般社団法人 日本住育協会 ホームページ http://jyuiku.net/
ブログ http://www.jyuiku.net/blog/

▼住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ
<22>発想を変えスペースを活用
<21>心と体癒やし文化も伝承
<20>眠り妨げないルール決め
<19>見守りできる環境づくり
<18>可視化し見守りやすく
<17>料理、片付けがしやすいキッチン
<16>キッチンで分かる夫婦の仲良し度
<15>キッチンで分かる夫婦の仲良し度
<14>家族が集う「リビングダイニング」
<13>誰もが使いやすい温かな「玄関」
<12>家族の位に合わせて
<11>したい暮らしが軸
<10>自分で入浴、排せつ
<09>自分で考え、決める
<08>子どもは王様?
<07>死角ゼロは自立に
<06>写真で住育力アップ
<05>リビングに居場所
<04>LDKに見る力関係
<03>玄関は社会との扉
<02>夢マップで視覚化
<01>どう暮らしたい?


住育アドバイザー・宇津﨑友見の住育deハッピーライフ<22>
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1625号2017年2月24日紙面から掲載」

月別アーカイブ

ライター