沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

人口増加率No.1 緑多くゆったり|与那原町東浜エリア

開発進む 埋め立て地

与那原町は2015年の国勢調査で、県内でナンバーワンの人口増加率だった。同町の発展をけん引するのが東浜エリアだ。東浜は西原町東崎と共に県の「中城湾港マリンタウンプロジェクト」により造られた埋め立て造成地。1993年度から始まった同事業で、マリーナや商業施設、公園などができた。研修や講演会、社員旅行などに使用される大型MICE施設の建設も決まったことでインフラ整備が進み、住宅地としての人気もさらに高まっている。

<1>スーパーやホームセンター、飲食店などが入った複合施設「マリンプラザあがり浜」から与那古浜公園を見る。広い公園の向こう側には築浅のアパートが建ち並ぶ。歩道が広く、街路樹もしっかり整備されているので歩きやすい。
<1>スーパーやホームセンター、飲食店などが入った複合施設「マリンプラザあがり浜」から与那古浜公園を見る。広い公園の向こう側には築浅のアパートが建ち並ぶ。歩道が広く、街路樹もしっかり整備されているので歩きやすい。

町外からの住人多い
与那原には戦前、北部から木材などを運ぶ「山原船(マーラン船)」が入港したほか、那覇と与那原を結ぶ軽便鉄道も走っており、交通の要所として栄えていた。
だが、道路の整備が進み車社会に変わっていく中で、「通り過ぎる」町になっていた。にぎわいを取り戻すべく、県と同町、隣接する西原町が一体となり、東海岸を埋め立てて新しい街をつくる「マリンタウンプロジェクト」が1993年度から始まった。それにより誕生したのが東浜エリアだ。
「マリンタウン」との名の通り、海が望める眺望の良さから県外移住者も多い。北谷町や宜野湾市などの西海岸沿いも人気だが、東浜は他エリアに比べて緑地が多く、街並みがゆったりしている。
新興住宅地の公園は土日はにぎわえど、平日は閑散としているところも多い。だが東浜の「きょうりゅう公園」や「シーサー公園」など遊具がある公園は園児や児童の楽しげな声が聞こえ、「与那古浜公園」にはウオーキングをする大人の姿が見える。
それもそのはず。与那原町は2015年の国勢調査で、人口増加率(10年と15年を比較)が約13%と、県内1位だった。東浜に若年層が住み始めたことが要因と見られる。
与那原町の不動産会社・(有)東部開発の米須清貴さんは「東浜は町外の人が多く、いわゆる新参者でもなじみやすい。それが、さらに人を呼んでいるのだと思う」と話す。

<2>大型MICEの建設予定地は、まだ草が茂っている。2020年9月の供用開始に向け、今年度は基本設計などを進めるとしている。
<2>大型MICEの建設予定地は、まだ草が茂っている。2020年9月の供用開始に向け、今年度は基本設計などを進めるとしている。

大型MICE建設も
新しい街だけあり、道路は広くて歩きやすく、緑地も整備されている。スーパーや病院、小中高校も近い。米須さんは「街がコンパクトにまとまっているのも魅力。国道329号に近いので、南部にも中部にも行きやすい」と特徴を話す。
住宅は一戸建ても賃貸住宅もほとんどが築浅だ。東部開発の賃貸担当者、下地康仁さんは「賃貸物件は古くても築7年~8年。家賃は2LDKで6万円~6万5千円ほどで、町内の他の場所よりも5千円程度高い」と話す。それでも新築物件を求める人や、立地の良さから需要は高いという。
米須さんによると土地の価格は「坪30万円ほど。同町板良敷は坪25万円ほどなのと比べると、若干高めです」と話す。
大型MICE施設の建設が東浜を含むマリンタウンに決まったのは、西海岸との観光格差を埋めるため。2020年度の供用開始に向け、周辺でも道路やホテル、各種施設の建設が進むのは必須。東浜の発展は、これからだ。

<3>海沿いに与那原中や与那原東小がある。どちらもここ7~8年に建て替えられたばかりで、キレイ
<3>海沿いに与那原中や与那原東小がある。どちらもここ7~8年に建て替えられたばかりで、キレイ

1615js_yarunn
大きな公園や緑地あちこちにあって、散歩するのも楽しいよ。街並みがゆったりしてるのも魅力だね。

沖縄女子短期大学も移転

校舎は津波避難ビルにも
2015年に那覇市長田から東浜へ移転した沖縄女子短期大学は、地域の子どもたちへの学習支援や津波発生時に校舎の屋上を住民の避難所にする協定を与那原町と結んでいる。東浜は埋め立て地のため、海抜が低い。東浜自治会では年に2回のペースで、避難訓練を開催しており、今月25日には夜間に同大へ避難する訓練を行うそうだ。

与那原町与那原の賃貸物件

東浜の隣 買い物に便利
与那原町東浜の隣に、国道331号に近い字与那原も、東浜の人気に引っ張られ、住宅の需要が伸びている。東部開発の賃貸担当者、下地康仁さんがオススメするのは字与那原に7月に完成する、全室角部屋タイプの1Kの物件だ。家賃は共益費、駐車場1台分込みで月4万3千円。沖縄女子短期大学にも近いことから「学生さんにもオススメ」だという。
<問い合わせ>
(有)東部開発
098-945-1469

与那原町東浜の基本情報

<校区>
小学校は、与那原、与那原東。中学校は、与那原。
<家賃>
築浅(5年以内)の2LDKで、6万円~6万5千円程度。
<土地の価格>
坪30万円程度


編集:東江菜穂
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1641号2017年6月19日紙面から掲載」
※やーるんは、タイムス住宅新聞社のゆるキャラ。タイムス住宅新聞ウェブマガジン(https://sumai.okinawatimes.co.jp/)では、やーるんのスペシャルコンテンツも公開中

月別アーカイブ

ライター