沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

海と緑を見渡す 転勤者に人気|那覇市泊・上之屋地区

県内外から転居多く
那覇市北西部に位置する泊・上之屋地区。海と緑の眺望を確保するように、土地の高さに合わせて建物の高さがコントロールされている。久茂地と新都心の二つのビジネス街に近く、利便性が高いことから、県内外からの転勤者に人気だ。建物の建て替えなどにより、徐々にまちが更新されつつある。

高低差生きる街並み

東シナ海を望む那覇市泊と、その北東に位置する上之屋との間には約20メートルの高低差がある。両地区の海側の斜面には天久緑地の木々が連なり、良好な都市緑地が残る。天久緑地は斜面を保護する緑地としてだけでなく、神聖な場所としてあがめられてきた。今でも多くの拝所が残る。
海側の泊から高台の上之屋へは、標高が高くなるにつれ建物も高くなる。建物の高さのグラデーションにより、風が通り抜け、海と緑を見渡せる。都心近郊にいながらも沖縄の自然を感じることができる。
貿易港として栄えてきた泊は、ウランダー墓など外国との交流の歴史が見て取れる。泊港から直線に延びた道路沿線には3~4階建ての中層建物が並ぶ。建て替え時期が近い建物が多く、新しい建物も点々と見つけることができる。
上之屋は大正以降に交通拠点として栄えてきた。2005年に完了した土地区画整理事業により宅地と道路が整備され、高台という地形を生かし、海を望む高層マンションが立ち並ぶ。その1段下には閑静な一戸建て住宅が広がる。

利便性高く回転速い

両地区の特徴は、なんといっても、久茂地と新都心の二つのビジネス街に近いことだ。貿易・交通拠点として栄えてきたこともあり、昔から外国や県内外から移住者が多い。今日でもそれは変わらず、「転勤で物件を探しにくる方が多い」と話すのは、㈱大央ハウジングの松尾俊明課長。「転勤だと、長く住んでも4、5年程度。部屋があいても、すぐ次の入居者が決まる」。
「県外転勤者のファミリー世帯は、校区を重視しているよう。前任者からの紹介も受け、県外のこどもたちが多く通う小学校を選ぶことも少なくない」と話す。
家賃の相場は、「築5年以内、駐車場なしの物件で、1Kが5万円以上、1LDKが6万~7万円、2LDKが7万~8万円、3LDKだと10万円程度」。駐車場であった土地に建物が建つこともしばしばあり、駐車場の確保が難しいと加える。
「土地の売買は少ない。国道沿線は坪単価が200万円ほどのところもある。内側でも80万円以上。100万円をこえることもある」。
23年には、波之上臨海道路よりも海側に那覇北道路が完成予定。新たに上之屋ICが整備されることで、交通渋滞の緩和が期待される。古い物件が多いが、建て替えも増えつつあり、「今後もしばらく続くと思われる」と話す。まちが徐々に更新され、より便利でにぎやかになりそうだ。

<1>県営上之屋住宅から泊大橋を望む。海と天久緑地が見渡せる
<1>県営上之屋住宅から泊大橋を望む。海と天久緑地が見渡せる

1615js_yarunn
青い海と生き生きした緑がきれいだね。
都会なのにゆったりできるるん♪

<2>泊大橋からの眺め。高低差約20mの地形を生かし、写真手前の泊地区の建物は低めに、奥の上之屋地区に行くにつれて建物が高くなっている 
<2>泊大橋からの眺め。高低差約20mの地形を生かし、写真手前の泊地区の建物は低めに、奥の上之屋地区に行くにつれて建物が高くなっている 
<3>那覇新都心区画整理事業によって宅地整備がされた国道58号東側(上之屋)は、戸建て住宅や中高層アパートの建設が続いている
<3>那覇新都心区画整理事業によって宅地整備がされた国道58号東側(上之屋)は、戸建て住宅や中高層アパートの建設が続いている

緑は拝所を守るため

親しまれる公園をまちなかに

都心なのに公園が多い泊・上之屋。そのほとんどが拝所や文化財を保全するためのバッファーゾーン(緩衝帯)の役割を果たす。上之屋1丁目の「タカマサイ公園」は、土地区画整理事業と合わせて公園整備が行われ、ウッドデッキの散策路が設けられている。市民に親しまれる拝所となるよう工夫されている。
都心なのに公園が多い泊・上之屋。そのほとんどが拝所や文化財を保全するためのバッファーゾーン(緩衝帯)の役割を果たす。上之屋1丁目の「タカマサイ公園」は、土地区画整理事業と合わせて公園整備が行われ、ウッドデッキの散策路が設けられている。市民に親しまれる拝所となるよう工夫されている。

◆那覇市泊・上之屋の基本情報◆
校区/小学校は、泊1丁目一部、2丁目一部、3丁目、上之屋は泊小学校。泊1丁目一部と2丁目一部が那覇小学校。中学校は、那覇中学校。
家賃/築浅(5年以内)の1Kが5万円以上、1LDKが5万~6万円、2LDKが7万~8万円、3LDKが10万円程度。
土地の価格/国道58号沿道は200万円以上。地域内側は80万~100万円程度。

那覇市泊の賃貸物件

1663js_tiiki05
家具家電付きで手間いらず
(株)大央ハウジングの松尾課長が、泊地域で薦めるのは、泊2丁目に建つ単身者向けアパート「大央ハウジングビル」。
鉄筋コンクリート造11階建てで、去年4月に新築された。間取り1K、洋室は7畳。冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機などの家具家電付きで、急な転勤でもすぐ生活が整えられるのが特徴だ。
エレベーターなどの出入り口には防犯カメラ付き。1ヵ月の家賃は、駐車場なしで6万1千円。近隣に駐車場用意あり。

<問い合わせは>
(株)大央ハウジング
098-866-8281


編集:川本莉菜子
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1663号2017年11月17日紙面から掲載」
※やーるんは、タイムス住宅新聞社のゆるキャラ。タイムス住宅新聞ウェブマガジン(https://sumai.okinawatimes.co.jp/)では、やーるんのスペシャルコンテンツも公開中

月別アーカイブ

ライター