沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

モールで買い物 橋で交通便利に|沖縄市古謝1~3丁目、古謝津嘉山町

高低差緩和する架け橋
沖縄市東部の古謝は高低差のある地域。低地では昔ながらの街並みが残る一方、ショッピングセンターオープンなど開発が進み、高台では区画整理された住宅地が広がる。2015年に開通した古謝大橋は、両地域を結んで利便性を向上させたほか、交流を深める架け橋になっている。

新旧入り混じる低地

地質が「クチャ」だったことから名が付いたと言われる沖縄市古謝。古謝1丁目~3丁目がある南側は低地、古謝津嘉山町がある北側は高台で、高低差は最大100メートル以上にもなる。そのため、それぞれ下古謝、上古謝と呼ばれてきた。
下古謝の傾斜地に接する古謝1丁目は、かつて中心的な集落があった地域。古謝自治会が文化財の保存に注力していることもあり、多くの御嶽や拝所、井戸が残る。細い路地のあちこちで当時の生活が垣間見れる。
2丁目では、農地改良区だった場所の開発が進む。スーパーやドラッグストアが集まるショッピングモールが2015年にオープンしたほか、病院やカー用品店などもある。平地で歩きやすく、徒歩で買い物に行く人を多く見かける。
3丁目はサトウキビ畑が広がる。1930年代に「模範部落」に指定されるほど、サトウキビ栽培が盛んだった名残を感じる。
上古謝の古謝津嘉山町では、高台ならではの涼風が起伏の多い入り組んだ道路を吹き抜けていく。一方、県道224号沿いは区画整理事業によって整地され、碁盤目状に住宅が並ぶ。
そんな下古謝と上古謝だが、以前は歩道もないような幅の狭い道を何度も折り返しながら、行き来しなければならなかった。しかし、15年、両地域を結ぶ古謝大橋が開通。古謝自治会の知念信恒会長は「行き来しやすくなり、サークル活動など上と下の交流が盛んになった。歩道があるので、高校生たちの安全な通学路にもなっている」と話す。

ワンルームにも需要

「古謝地域は単身世帯、ファミリー世帯のどちらからも人気」と話すのは、中部興産(株)泡瀬店の奥間要店長。中城湾港新港地区や県道85号沿いの大型商業施設などで働く単身者、古謝出身だが家族が増えてアパートを借りるファミリー世帯が多いという。
賃貸の相場は、「築5年以内のワンルームが3万2千円前後、1LDKが4万6千~4万8千円、2LDKが約5万6千円、3LDKが6万円以上。築5年以上だと、それぞれ5千円ほど安くなる」。橋の開通や、モールのオープン前後から新築アパートが増えていると加えた。
売買を担当する同社本店の八木剛次長は「数年前から売り物件がほとんどないが、上古謝の区画整理地であれば土地の坪単価は最低でも30万円を超えるだろう。上古謝の旧道近くでも20万円以上、下古謝は20万円前後になる見込み」。
奥間店長が「農地を宅地に転用する相談もある」という古謝。さらなる開発の波が押し寄せそうだ。

<1>古謝2丁目から北を望む。ショッピングモールの背後に新しいアパートが立ち並ぶほか、写真左には新規店舗の建設も進む。高台が古謝津嘉山町で、中央の古謝大橋によって低地との行き来がしやすくなった
<1>古謝2丁目から北を望む。ショッピングモールの背後に新しいアパートが立ち並ぶほか、写真左には新規店舗の建設も進む。高台が古謝津嘉山町で、中央の古謝大橋によって低地との行き来がしやすくなった

1615js_yarunn
サトウキビ畑が広がっていたとは思えないね。
急な斜面も、橋のおかげでラクラクるん♪

<2>古謝津嘉山町から見た南側の眺め。古謝や泡瀬一帯だけでなく、中城湾を挟んだ奥には知念半島まで見える。平地はほぼ建物が建っているのが分かる
<2>古謝津嘉山町から見た南側の眺め。古謝や泡瀬一帯だけでなく、中城湾を挟んだ奥には知念半島まで見える。平地はほぼ建物が建っているのが分かる
<3>瓦屋根の住宅が多く残る古謝1丁目。車1台がようやく通れるほどの狭い路地もある
<3>瓦屋根の住宅が多く残る古謝1丁目。車1台がようやく通れるほどの狭い路地もある

◆沖縄市古謝1~3丁目、古謝津嘉山町の基本情報◆
校区/小学校は、1丁目の一部と2・3丁目は美東小、1丁目の一部と津嘉山町の一部が宮里小、津嘉山町の一部が美原小。中学校は、1丁目の一部と津嘉山町の一部が宮里中、1丁目の一部と2・3丁目、津嘉山町の一部が沖縄東中。
家賃/築浅(5年以内)のワンルームで、3万2千円程度。1LDKで、4万6千円~4万8千円程度。2LDKで、5万6千円程度。3LDKで、6万円以上。築5年以上だと、それぞれ5千円ほど安い。
土地の価格/古謝1~3丁目は20万円前後。古謝津嘉山町は20万円~。

沖縄市古謝の賃貸物件

クロスが目を引くワンルーム
クロスが目を引くワンルーム

中部興産(株)泡瀬店の奥間要店長が、古謝地域で薦めるのは、古謝3丁目に建つ単身者向けアパート「コーポT」。
鉄筋コンクリート造3階建てで、昨年10月に新築された。洋室のワンルームで、広さは6畳。床も含めて部屋全体が白を基調としている中、アクセントクロスとして、一面の壁紙のみ水色になっているのが特徴。
キッチンはIH調理器を採用しているほか、インターネットは無料。室内洗濯機置き場や、ガス乾燥機もある。さらに、共用部分には防犯カメラも設置している。
1カ月の家賃は、駐車場1台付きで3万3千円。

<問い合わせ>
中部興産(株)泡瀬店
098-921-0011

津波想定 自主防災に力

避難訓練に100人以上参加

公民館が海抜3メートルにあるなど、広い低地を含む古謝自治会。津波被害を軽減するため、2013年に自主防災組織を設立した。年に2回の訓練では、高台への避難=写真(同自治会提供)=やAEDの使い方などを学ぶほか、カレーや焼き飯、中華丼など毎回違った防災食を作る。防災士の資格を取得した知念自治会長は「訓練には100人以上が参加する。地域の意識は高い」と力強く話した。
公民館が海抜3メートルにあるなど、広い低地を含む古謝自治会。津波被害を軽減するため、2013年に自主防災組織を設立した。年に2回の訓練では、高台への避難=写真(同自治会提供)=やAEDの使い方などを学ぶほか、カレーや焼き飯、中華丼など毎回違った防災食を作る。防災士の資格を取得した知念自治会長は「訓練には100人以上が参加する。地域の意識は高い」と力強く話した。


編集:出嶋佳祐
毎週金曜日発行・週刊タイムス住宅新聞「第1654号2017年9月15日紙面から掲載」
※やーるんは、タイムス住宅新聞社のゆるキャラ。タイムス住宅新聞ウェブマガジン(https://sumai.okinawatimes.co.jp/)では、やーるんのスペシャルコンテンツも公開中

月別アーカイブ

ライター