沖縄の不動産・賃貸・売買ならコノイエ+プラス

お役立ちコラム

「新城和博さんのコラム」タグの記事

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <8>

  • 2015.8.1

カエルの王様 首里の森の傍らに引っ越してきてしばらくたつが、今年は妙に気になる、カエルの鳴き声。 台風が続いた頃からか、雨の気配がする夜になると、森全体からカエルの声が響いている。 最初は夏の虫たちの声かと思ったのだが、...

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <7>

  • 2015.7.3

夏越しのカーチーベー  風が変わった。今年は確かにそう感じた。  ああ、これが夏至南風、カーチーベーかと実感できるほど、首里の森も揺れていた。弁当作りのため、朝五時半ごろ起きて、“あけもどろ”、つまり朝焼けの空を見ながら...

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <6>

  • 2015.6.4

旧暦での、いわゆる梅雨というのは、二十四節気の「小満・芒種(ぼうしゅ)」にあたる。沖縄では「スーマンボーシュ」と言うけど、これが旧の4月から5月にかけてのこと。

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <5>

  • 2015.5.7

ボーダーインク編集者でライターの新城和博さんが、季節の出来事や県産本の話題をつづります。

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <4>

  • 2015.4.2

人はそれを雑草と呼ぶかもしれないが、僕にとっては季節を感じさせるすてきな花たちだ。いつの間にか、そして特に劣悪な環境ほど繁殖する彼らを、僕はとても愛している。生え方、いや生き方として目指したいとさえ思っている。

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <3>

  • 2015.3.5

 僕はこれまでの沖縄人生において模合の経験がほぼない。沖縄県民においては少数派である。しかし去年の今ごろ、ある友だちが「入院していた時、いろんな人から本をもらった。日ごろ自分が買いそうもない本が集まってきて、それはそれなりに面白かった」とい

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <2>

  • 2015.2.5

沖縄県産本出版社が忙しくなるとき  ヤンバルから桜祭りの話題が流れるころ、首里でも、ほんの少しだけ桜が開花する。  ご存じのように沖縄の桜前線は南下してくるのだが、首里は高台にあるので、他の那覇地域よりも、少しだけ開花時...

MORE

新城和博の「ごく私的な歳時記」 <1>

  • 2015.1.2

 首里に引っ越して20年ー。「ボーダーインク」編集者でライターの新城和博さんが、この20年も振り返りながら、季節の出来事や県産本の話題をつづります。 21年目の首里  結婚して子育ての地を首里に選んで、20年ほどたった。...

MORE

月別アーカイブ

ライター